闇金を展開している人は金融関係者だけではない


闇金をビジネスとして行っている人は暴力団というイメージが強いかもしれませんが、元々正当な消費者金融として仕事をしていた人が、闇金になるケースも少なくありません。またそれだけではなく金融関係の仕事とは全く関係ない人が副業のような形で闇金を展開していることすらあります。最近では闇金に関する逮捕のニュースを簡単に情報として手に入れることができるようになってきていますが、会社役員のような人が違法な金利で貸金業を行なっていることがわかります。
そのため暴力団というイメージだけであると、闇金から身を守っていくことが難しい時代になっていると言えます。

闇金というのは、さまざまな手法でお金に困っている人のデータを入手していきます。そしてピンポイントでそのような人たちにお金を貸していくことになるのです。それゆえに表に出てくることは少なく、闇金という表現を受けていることになります。(生活保護者を狙って貸付を行なう業者も決して少なくありません)また必ずしも多くの人とやり取りをしているわけではなく、極数人に対して貸付をし、違法な利息によって利益を得ている闇金もとても多いと言えるでしょう。(事業所自体もとても小さいものであることが少なくありません)聞いたことがない事業所、知名度が低い消費者金融に闇金が多いというのはこのようなことからも言われていることになります。闇金からすれば、借入をしてくれる人というのは非常に大きな収入源になるためそう簡単に手放してはくれません。(そうならないように高額な貸付をしていることにもなります)そのため大きな金額をいきなり貸してくれる、審査があまい消費者金融というのは利用をしないほうが良いことになります。

●大手を真似しているところもあるので注意

金融庁には闇金業者を一覧にしたデータを公表しています。一覧に載っているデータには決して手を出してはいけません。そして闇金の中には大手の名前に非常に似せている業者もあります。一覧に大手の消費者金融が記載されていることはまずないと考えられるので、似ている名前があっても気にしない(手を出さない)ことがとても大切です。
またこれが一番の注意点となるのですが、記載されている業者というのは闇金の中の極一部です。先述したように非常に小さな事業所というのは一覧には載っていないことになります。
名前が記載されていないからということで安心をすることはできないのです。

貸金業の登録をしていないで貸金業を行なうのが闇金です。つまりやろうと思えば誰でもできることになります。(当然行なえば逮捕されることになります)決して暴力団だけの問題ということではないので注意が必要です。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)