金を利用した闇金ビジネス

闇金の手段というのはとても多彩になってきており、単純にお金を借りるというだけではなくなってきています。手段の一つとして比較的新しいのか金貨金融というものになります。この金貨金融というのはお金を必要としている人に対して金貨を渡し、その金貨を換金して、金貨金融をしている闇金にお金を渡していくことになります。

非常に簡単に言ってしまうと、お金を必要としている人が金を購入します(この時お金は必要とせず、数日後に渡してくれれば良いという方法にします)。金を受け取った人が換金をして、約束の日時までに金の購入額を闇金に支払うことになります。

少し複雑なのが渡す金は購入額よりもずっと価格が低いものであり、お金を必要としている人は実質金を手に入れるためにお金を支払っていることになります。(闇金は当然この事実を話さないので金を受け取るほうとしては、「後でお金は払うがとりあえず金を手に入れ換金することでお金を手に入れることができる」ということになります。)
つまり、まとめてしまうと金の相場の金額分の借金をして、購入額(闇金がわざと相場よりも高額なものにしている金額)と相場の価格の差が利息となり闇金に支払うという構図が成立つことになります。

一見して、金の売買だけのように見えてしまいますが、これは闇金の巧妙な方法、手口であると言えるでしょう。

●巧妙な方法というのはどんどん増えてきている

闇金の手口というのはどんどん巧妙化してきていると言われています。それゆえに非常に大きなリスクがあると言えます。少し騙されてしまったということから多額の借金を抱えてしまうことも少なくありません。

普通の人からするとこのようなビジネスが成立する理由がわからないと思うかもしれませんが、お金に困っている人や多重債務者というのは冷静な判断ができないものです。そこにつけこむのが闇金の手段であると言えるでしょう。巧妙な手段を利用されているとなぜ借金を抱えてしまっているのかがわからなくなったり、自分で借金の存在を意識することができなくなってしまうこともあります。

闇金に手を出すということ事態、冷静な判断力が失われている結果と言えます。審査の甘い消費者金融・お金に関する甘い話・不自然な話に手を出そうとしている段階で、「冷静さを失っている」と自覚できれば巧妙な手口に引っかかることは少なくなるでしょう。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)