暴力ではない?取立ての仕組みで違法な取立てをする

闇金というと暴力的なイメージがありますが、今では暴力的な取立てをする闇金のほうが少なくなってきています。多くの闇金は心の隙をついたり、親切心を利用してお金を取り立てる、貸し付けることになります。(ある意味ではこちらのほうが性質がわるかもしれません)またそれだけではなく仕組み的なものでお金を貸し付け違法な取立てをしていくケースもあります。
そのうちの1つが借り手の知人や親しい人を連帯保証人にすることです。こうすることでいかに利率が高く、そして不当な請求であっても借り手というのは支払いを続けていく可能性が高まります。この方法のポイントは「親しい人」であり、仮にこれが全く関係のない人であれば、成立しない方法であると言えるでしょう。借り手自身が支払いをしないと、連帯保証人である親しい人が闇金と大きくかかわってしまう・取立てにあってしまうということになり、そこに責任を感じ返済をし続けてしまうことになります。(連帯保証人になってしまった時点で闇金と関わりを持っていることにはなるのですが・・・)

ですが、当然このようなやり取りは違法な利率・闇金が相手である以上無効になる可能性が高く、連帯保証人の存在というのも対処できる場合が多いと言えるでしょう。
また時に、連帯保証人になってもらう際に、闇金であるということを隠していくこともあります。(借り手は知っているが、闇金から話をしないで欲しいと頼まれることもあるでしょう)
このような仕組みは借り手の責任感、人間関係を盾にした悪質な方法であると言えます。ただ、相手が闇金であると理解していない場合、そもそもこの手法にひっかかっているのかどうかがわからないケースもあります。

●話を冷静に理解していくことで闇金かどうかを判断できる

闇金かどうかというのは見た目で判断できると思っている人もいるかもしれませんが、見た目での判断というのはあまりアテにならないと思っておいたほうが良いでしょう。最近では一般の人が闇金に手を出すこともあります。闇金かどうかというのは利息などを冷静に聞き取り判断をする必要があります。短期間で借りたお金の2倍の返済を求めるようなことがあればそれは間違いなく闇金と言えます。
この返済額についても注意が必要です。大切なのは借りたお金に対して、最終的にいくら返済するのかを冷静に判断することです。(巧妙な手段で利息が発生しないような感覚を与えてくることもあります)

上記の話は間違って闇金(闇金と思われる企業)に手を出してしまった場合、あるいはお金がなさすぎて手を出してしまった場合です。本来であればこのような段階に至る前に登録番号の確認や、情報収集をして接する事自体を防いでいくべきであると言えます。(当然上記のようになってしまった場合は、弁護士などに相談をすることも大切です)
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)