返済の代わりに~を提供されてしまったら

知らないうちに闇金に手を出してしまった、闇金とやり取りをしてしまった際、スムーズに返済を完了することはなかなか難しいです。十分な金額があったとしても何らかの理由をつけられてしまうことで返済ができなくなってしまうことはあります。返済の時期をずらされてしまう、新しく貸付を受けてしまうということもあり、どんどん返済ができない状況に追い込まれてしまうこともあります。こうなるとなかなか返済ができなくなり、最終的に闇金から「返済できない代わりに~をしてほしい」という条件を受けることもあります。

銀行口座を開設してほしいということから、どこかで仕事をしてもらうなど実にさまざまであると言えるでしょう。返済できないのだから仕方がないという想いがよぎってしまうかもしれませんが、即決をしてしまったり、早合点をしてしまうことはしてはいけません。まず返済額が正当なものかどうかを確認する作業が必要であり、弁護士や司法・国の相談機関などに相談をする必要があります。(多くは返済義務はないことになります)
代わりに~してほしいということに対してもそれに答える義務というのは基本的にないといえ、場合によっては闇金が言っていることは犯罪であるケースもあります。即答をしてしまうと場合によっては犯罪に手を出してしまうリスクがあるということになります。

●闇金の言うことには法的な根拠はないことが多い

闇金が何かをしてほしいと言っても、それは絶対にしなければいけないことではないことを知っておくべきです。ついつい追い込まれてしまいそれによって返事をしてしまうケースも少なくないと言えます。(闇金から仕事を紹介されることもありますが、そこで仕事をしていたとしても借金はほとんど減らないのが現実です。何らかの理由で、稼いだお金の多くが借金とは別の用途で徴収されてしまうことが多くあります。また違法な仕事を紹介されることもあるため、この場合も当然すぐに返事をすることは控えておいたほうが良いでしょう。)

闇金以外でお金を用意する方法というのは今現在では多くあります。(といっても消費者金融に頼りっぱなしというのはおすすめできませんが)福祉的な制度を利用していく方法もあります。仮にどの機関を利用してもお金を用意できないという場合、それは個人でお金を稼げる能力がある、あるいはまだ余裕があるということであるためその点を見直すことでお金は用意できることがほとんどです。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)