闇金の社員になるという選択

闇金が存在するということはそこで仕事をしている人も存在することになります。はじめに言っておきますが闇金というのは違法な存在です。仕事をしていくということは間接的なことはあれど違法な行為に手を貸していることになります。そのため職業として闇金の社員になるという選択肢ははじめから存在しないと言ってしまうこともできるでしょう。また違法行為の上で成立っているゆえ、賃金や勤務体制、勤務時間に法律を当てはめていくことはできないと言えるでしょう。いわゆるブラック企業と呼ばれるような体制であっても、どこにも相談をすることができないというような状況になる場合もあります。また仕事を辞めていきたいと行動を起こした際にも、正規の手続(通常の退職手続)は受け付けず独自の方法を取らないといけないというリスクもあることになります。
闇金の社員になりたいと思っている人がいるとすれば、それは社会的に認められていない行為に身を染めること、そしてそのようなことをやるからには法律に守られているという意識を捨てていく必要があるということを覚悟しなければいけないと言えるでしょう。(このリスクというのは想像以上に大きく、自身の生活を壊してしまう危険性を持っていることになります)

●副業で闇金をやっている人もいる

全ての闇金が従業員を抱えているわけではありません。中には副業で闇金をしていることもあります。その場合当然従業員というのはいない場合が多く全て自分で行なっていくことになるでしょう。(多くがやり方に問題があるなどで稼げないと言われています)

また時に闇金に関する求人というのも見かけるかもしれません。しかしこの時の求人というのは一般的な社員の求人とは性質が違うものであると言えるでしょう。正統な求人情報ではなく、嘘の情報を載せている可能性も大いにあります。違法行為の上になりたっているビジネスに正当性をもとめること自体が間違っていると考えることもできます。借金の上でも求人の上でも闇金に手を出すことはしてはいけないと言えるでしょう。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)