闇金から逃げることは基本的に考えないほうが良い

闇金に対して夜逃げなどを手段として取る人も中にはいることになります。
夜逃げをすることで一時的に闇金から遠ざかることもできますが、実は闇金は夜逃げをした先なども独自の情報で割り出すことができると言われています。一時的に逃げられる背景には、夜逃げをしている最中に追いかけるよりも、一時的に安心をさせそれによって場所を特定しやすくするなどの目的があると言えるでしょう。

そのため安心した段階にいきなり闇金が来ることもあり、精神的なショックも大きくより追い込まれてしまう可能性が出てきます。
また新しい土地に慣れていないこともあり、相談をすることもしにくくなり、夜逃げをする前よりも状況が悪化してしまうことも少なくありません。

見つかるたびに夜逃げをすることがあれば、それこそ資金面で大きくマイナスが出てきてしまうことになるでしょう。
借りている金額が大きければまず、安心をすることもできない場合もあります。
消費者金融でお金を借りていくということから、闇金がそれを掴み、居場所を掴んでいくということもあります。実に多様な手段で闇金は逃げている人間を追い詰めていくことになるので、逃げている限り、そのプレッシャーから逃れることはできないと言えます。

●闇金は逃げて解決することはありません。

闇金に対して逃げて対処するという方法は、まずオススメできません。マイナスが大きく、得られるものはほとんどないと言えるでしょう。
また逃げることで、一時的に安心してしまい問題を先送りにしてしまうリスクもあります。問題が先送りになればなるほど自分の立場は不利になってしまう傾向があります。

返済をすることができない、生活に大きな支障をきたしてしまっている場合、逃げるのではなく闇金を専門にしている弁護士や警察に相談することをオススメします。
実際に違法行為で被害が出てきている場合こそ、逃げるという選択肢ではなく、警察に相談する選択肢が必要になります。

逃げるということは、警察や弁護士からみても、その人がどこにいるのかわからなくなり、対策をしようにもできなくなってしまいます。
真正面からぶつかれということではなく、助けを求めていくことがとても大切になります。逃げて安心ということはないので、夜逃げはしないほうが良いでしょう。

※警察に相談をする場合、警視庁の相談室である「♯9110」に一度連絡をしておくとスムーズに行く場合が多いようです。地域の警察署を紹介してもらった際にも、一度連絡したことを伝えるとその上で相談に乗ってくれることもあるようです。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)