個人間融資の高過ぎるリスク

個人間融資という言葉が最近見られてきています。これは個人で行なう融資なのですが、いわゆる知っている人から借りる借金ではなく掲示板などで貸したい人と借りたい人が集まってやりとりをするなど顔も知らない人とお金のやり取りをする方法になります。

通常であればこのようなことのリスクというのは想像できるものですが、悪質なことを考えていたり、あるいはお金が本当にない人にとってみると頼みの綱になってしまっていることがあります。この個人間融資というのは審査も何も必要なく金融機関なども通さないことになります。そのため問題が起こった場合、自分達で解決するしかなく、非常に厄介なトラブルを抱えてしまうこともあります。

相手が貸してくれるとは限らず詐欺や悪質な手口、場合によっては闇金などが関与していることもあり、非常にリスクが高いと言えるでしょう。また貸す側に立ったとしても、返済をしてくれるかどうかというのは分からない点が多々あるため、貸す側としても借りる側としても利用をするべきではないと言えるでしょう。不確定要素があまりにも多過ぎる、リスクがあまりにも高過ぎるため利用をするメリットというのはないと考えておくべきです。

●個人で借金をしていく際は、最低限知っている人同士で行なう

本来であれば個人同士で大きな金額のやり取りをする、借金をすることはおすすめできません。人間関係を大きく壊してしまう可能性があり、やはりデメリットしかないと言えるからです。しかしどうしてもお金のやり取りが必要になった場合には、最低限知っている人、顔見知りの人にしておくべきです。これは何かトラブルがあっても、対応しやすくするためです。また直接会ってやり取りをするべきであり、必ず第3者として弁護士などの専門家を交えておくことです。こうすることで事前にトラブルを防いでいくことはしやすくなります。個人間での融資はやりやすいと考えている人もいますが、トラブルの面から考えると非常に多くのリスク・デメリットがあると言えるでしょう。そしてあまりにも大きな金額の場合、貸す側は「貸さない」ことも大切な選択肢であると知っておくべきです。

掲示板などでの個人間融資に手を出してはいけないと言えます。闇金に手を出してはいけないのと同じくらい手を出すべきではないと言えるでしょう。安易にやり取りをしてしまうと大きな後悔をしてしまうことになる可能性もあります。甘い言葉には裏がある・罠があると思っていれば手を出すことはできないでしょう。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)