闇金の価値観、自分の価値観

闇金に手を出してしまう人はお金の価値観が壊れてしまっている、あるいは大きく一般的な価値観からずれてしまっていることが多いです。法外な利息というのは冷静に考えると自分のお金を減らしていく大きな要素であるとわかるのですが、一時の感情だけで法外な利息であっても借りようと検討をしてしまうことになります。
闇金に手を出してしまう人にとって一番改善をしなければいけないのはの価値観であると言えるでしょう。闇金でやりとりしているお金を家族や友人から借りようとする場合当然断られると言えるでしょう。これを自覚する事ができれば闇金とやり取りをすることは当然なくなると言えます。

お金を貸してもらえて当然という自分の価値観がある場合には闇金へ手を出す一歩手前と考えておいたほうが良いでしょう。一般社会的にはお金を貸すというのは大きな信頼が成立していないとできないものであり、契約を結べばそれでやり取りができるというものではありません。ましてや、全く知らない人にいきなりお金を貸すということはないと言えるでしょう。
(借金に困っている人が掲示板などでお金を貸してくれる人を集うような行為もありますが、これはとても非常識なことであり大きなトラブルの原因になるとも言えます)

価値観が正常ではないと闇金の言葉に大きな信頼感を持ってしまったり、正当な手段で対処をすることが難しくなってしまいます。闇金はあくまでもお金が欲しいゆえにお金を法外な金利で貸していることになります。しかし借り手は自分でもお金を借りれる便利な場所という認識を持ってしまいます。この価値観の相違というのはとても危険なものと言えます。

闇金がその借り手の心理を利用してしまえば、借り手は闇金と関係を切りたくても切れない状況に陥ってしまうこともあるでしょう。(このようなことから闇金の相談を切り出すことは比較的難しいと言われることが多いです)

自分の価値観が社会的なものとずれている、闇金と自分の価値観に大きな相違があるというのは自身の生活を破滅に導いてしまう結果となります。

闇金の利用を検討してしまっている時点で、踏みとどまる必要があります。仮に「1度くらい」という価値観が生まれてきてしまっているとしたら、すでに借金癖がついてしまっていることによる大きな警告サインと判断すべきでしょう。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)