闇金と会うことが難しくなっている場合も

闇金に直接会うことが難しくなっている傾向があるようです。こう聞くと、直接会わないで済むと安心してしまう人もいるかもしれませんが、直接会えないというのはトラブルが起こってから非常に厄介なことになりがちです。直接会わない理由としては、会いに行ったところで警察などがいた場合逮捕のリスクが非常に高いからと言えるでしょう。そのようなリスクを事前に避けるために電話でのやりとりのみになっていることが多いということになります。

しかし当然闇金を怒らせるようなことをした場合直接会いにくることもあると言えるでしょう。また闇金の規模によっては暴力団などの人材が身近に迫ってくることもあると言えます。このあたりは闇金によって対応が大きく違うと言えます。それもまた闇金の怖いところであると言えます。

直接会えないということを利用して電話番号を変更したりすることも可能ではあると言えますが、その際には相手に教えて情報をしっかりと考えていく必要があります。住所を教えていたり、あるいは職場を教えていたりするとそちらに連絡が間違いなく行くと言えるでしょう。迷惑をかけたくないという場合には電話番号などを変更せず、しっかりと自分で対応をしたほうが良いでしょう。(嘘の電話番号を教えるなどのことはしてはいけないと言えます。それは返済する意思にかかわってくる可能性もあり、自分が詐欺にひっかかってしまう可能性もあると言えるでしょう)自分で対応することができない、したくないという場合には、警察に相談をしその場で連絡を取ったり、警察の人に電話を代わってもらうなどの手段はあると言えます。

●姿が見えなくなることほど怖いものはない

直接会うことが少なくなるということはそれだけ社会的に存在性が疑わしいものになると言えるでしょう。これは闇金の逮捕などにも影響していくと言え、決して良いことではないと言えるでしょう。闇金が見えないところで活躍することが多くなり、被害を受けても住所などがデタラメということも出てくると言えるでしょう。

このようなことから闇金に対してはより大きな注意が必要と言えます。かつての暴力的なイメージではなく姿が見えない詐欺業者的なイメージになってきている面もあると言えます。闇金の利用に関するリスクというのは時代問わずとても大きなものであると考えておく必要があると言えます。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)