引っかかりやすい闇金の手口

闇金は、お客様を獲得するために、多くの技を使います。皆さんが安全だと思ってることが、実は安全ではない場合があり、多くの人が引っかかっているのが現実です。では、どのようなことに気を付けていけばいいのでしょうか?

▽ホームページがあるからと言って安全ではない

お金を借りたいとき、インターネットで検索する人が増え、そのようなお客様を狙い、闇金は、多くのホームページを出します。ホームページを見たとき、綺麗で内容が詳しく書いてあると、それだけで優良な消費者金融だと思ってしまうものです。しかし、ホームページだけでは、判断できないのが現実です。インターネットで調べて安易にお金を借りる消費者金融を選ぶのはやめましょう。

▽「借りた初月は利子が無料」は誘い文句

借りた初月は利子が無料を誘い文句で、闇金はお客様を集めます。お金を借りた初月の利子が無料だと、「給料日にすぐ返せる」という気持ちを利用してお客様を集めることができます。実際に、このキャンペーンを行っている消費者金融には、多くのお客様がお金を借りに来るのが今の現状です。「タダほど怖いものはない」という言葉を耳にしたことがある人は多いと思いますが、この言葉を耳に焼き付けて消費者金融は選びましょう

▽利子が無料だけど、手数料を取られる

闇金でお金を借りてしまうと、利子が無料で3万円を借りたのに、「来月、手数料と合わせて5万円の返済をお願いします」と手数料を請求されることがあります。闇金は、債務者がおとなしく言うことを聞いて、お金を払ってもらえるように話を進めていきます。もし、こんな場面に出会ってしまった場合は、すぐ警察に相談をしましょう。闇金は債務者が泣き寝入りするのを狙っています。警察に相談すると、闇金への対処の仕方や捜査をしてもらえるので、被害も最小限に済ませることができます。

 

正義は必ず勝ちます。お金を借りるとき、後ろめたい気持ちになってしまうことあります。しかし、お金を借りることは、悪いことではありません。闇金に出会ってしまったら、一人で解決するのではなく、周りの人に相談して被害を最小限に食い止めましょう。

The following two tabs change content below.
雨輝

雨輝

経営コンサルティングやファッション業界などの経営経験を積んだ後、ライティングの世界へ興味を持つ。現在は、書籍、雑誌、WEBなどであらゆるジャンルの記事を担当するライターおよびディレクターとして活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)