闇金は本当に存在するのか?

よく、映画や漫画で闇金が登場しますが、現実に存在するものなのか?と素朴な疑問を持つ人も少なくないのではないかと思います。しかし、実際に闇金は存在し、闇金による被害を受けている人もいます。本記事では、闇金について書いていきます。

そもそも闇金とは

闇金とはどのような業者を指すのかというと、貸金業に登録をしていないキャッシング業者のことです。本来であれば、貸金業を営むのに貸金業者として国・都道府県に登録をし、貸金業法等の法律に従って運営していく必要があります。例えば、貸金業法の出資法の上限金利の年利20%という基準に従って、貸付を行う必要があるのです。これがもし、上限金利の20%を超える金利での貸付を行うと、刑事罰の対象になってしまいます。しかし、貸金業者として登録をしていなければ、その法律に従う必要もないため、年利20%を遥かに超えるような、ものすごく高い利息で貸付を行なうことができるわけです。よく「トイチ」という言葉を聞くと思いますが、これは「10日で1割」の利息がつくという意味です。

闇金は年々増加傾向にある?

金融庁の調査では、闇金被害が減ってきているという結果が出ているようですが、実際には闇金は増えてきていると言われています。それは、単純に闇金を利用する人が増えているからです。世の中は常に需要と供給のバランスで成り立っていますから、利用者が増えると提供者も増えるのは当然ですよね。なぜ、闇金を利用する人が増えてきているのか?これは簡単な事で、今まで銀行などでお金を借りることができていた人でも、徐々に借りれなくなってきたからです。ちなみに、ここでいう今までお金を借りることができていた人というのは、返済能力はあるのに、貸金業法改正による「総量規制」によって借入ができなくなってしまった人のことを指します。そこで借入先として利用するのが闇金なんですね。貸金業法の改正は本来であれば借り手を守るためのもののはずですが、より悲惨な債務者を生み出しているとしか考えられないのです。

闇金で借りたお金は返済しなくても良いのか

 闇金で借りたお金は返済しなくても良いという話を聞いたことはありませんか?実際に行われた裁判で利息分はもちろん、元金すらも返す必要がないといった判決がおりたこともあるのですが、これは闇金自体が違法なため、貸金業法に基づくと返済しなくても良いそうです。しかし、気をつけなければいけないのが、相手がたとえ闇金であっても、最初から返済する気がないのにお金を借りると、最悪の場合詐欺罪として起訴される場合もあるので、闇金には近づかない方が賢明です。

The following two tabs change content below.
雨輝

雨輝

経営コンサルティングやファッション業界などの経営経験を積んだ後、ライティングの世界へ興味を持つ。現在は、書籍、雑誌、WEBなどであらゆるジャンルの記事を担当するライターおよびディレクターとして活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)