闇金から借入をする前に知っておきたいこと

この記事に興味を持たれたということは、現在、闇金からの借入を考えているのではないでしょうか?お金に困ると、心理的圧迫がすごく、精神的にかなりキツイですよね。ここでは、闇金から借入をする前に、他にまだ何か方法があるのかを紹介していきます。

光金融から借入をする

光金融というのは、金融庁に登録されている正規業者のことを指すのですが、こちらも闇金と同じく即日融資が可能です。家族や近隣の人に知られたくないと思っていても、闇金だとものすごくしつこく電話がかかってくることがありますが、こちらだとメールでの案内がほとんどですので、周囲に知られずに借入をすることができます。例えば、アコム、プロミス、レイク、アイフル、モビット、ノーローンなどが挙げられます。おそらくほとんど名前を聞いたことがあると思いますが、このような大手のところだと、基本的に無理な催促はしてこないので闇金と比べると安心だと言えます。

公的借入制度を活用する

上記で紹介した光金融での借入が難しい場合、公的な借入制度を活用するのも一つの手です。これは、その人が生活を立て直すまでの間、国から必要な資金を借り入れできる制度です。貸付金額は大きくはないのですが、最大で12ヶ月分ほどの生活費の借入が可能です。また、最初の返済を最大で6ヶ月ほど措置期間として利用できるため、現状をどうにかして打破したいといった人にはおすすめです。

債務整理をするという手もある

最終手段としては、債務整理をするということも考えましょう。債務整理といっても、任意整理、民事再生、自己破産の3種類あります。まず、任意整理というのは、現状の借金に対する利息の発生を止め、滞納した利息を支払うことなく、借金の総額を3年以内で支払うことというものです。自宅や財産は全て残すことができます。次に、民事再生というのは、借金を国の決めた規定額を3年以内で完済するという方法で、借金が200万円以上あるのなら任意整理よりも減額されるケースが多く、さらに返済をきっちりすれば財産も残ります。最後に、自己破産というのは、財産を全て失う代わりに借金が全てチャラになるという制度です。

The following two tabs change content below.
雨輝

雨輝

経営コンサルティングやファッション業界などの経営経験を積んだ後、ライティングの世界へ興味を持つ。現在は、書籍、雑誌、WEBなどであらゆるジャンルの記事を担当するライターおよびディレクターとして活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)