未来を審査する金融業者は大きな注意が必要!審査は事務的で過去に対して行なうもの

金融業者の審査は、お金を借りていく上で必須です。

お金を借りていくのであれば、必ず審査を受けることになります。

はっきり言ってしまって、審査をしない消費者金融は間違いなく「闇金」です。

 

この審査ですが、ここでは審査の内容ではなく、その性質を紹介します。

お金を借りる際に必要になる審査は、「その人にお金を貸して大丈夫か」「しっかり返してくれるか」を確認する事務的作業です。

これはこれからの未来に対して行なうものではなく、これまでの過去に対して行なうものです。

「これからはしっかりお金を返そうと思うのでお金を貸してください」・・・こんなことを言っても審査は通りませんよね。
それまでに、滞納や金融事故等を起こしていないかどうかが大切であり、これらは個人で変更できるものではありません。(過去は変えられませんから・・・)

審査は変更できない過去に対して行い、それによってお金を貸せるかどうかを確認する作業です。

 

ここで、闇金の手口を見ていきましょう。

闇金の手口で多いのが「~をしたらお金を貸してあげる」という手段です。最近多いのは携帯電話の購入・銀行口座の開設をしたらお金を貸してあげる・・・というものです。

 

どうでしょう。これを審査と受け取ってしまう人はおそらくいないと思いますが、これらの手段は「未来に対しての審査」となります。過去のことなど一切関係ない審査ということです。

「~をしたら」というのは未来に対しての行動であり、過去に対してのものではありません。

これが闇金です。闇金は未来に対して審査をすることが多く(審査のように見せかける)、お金を借りようとする人に、お金をえさにして犯罪行為に加担させる存在です。加担させた犯罪というのがお金を生み出すシステムに関与していることが多く、こうして利益を得ている場合が、どうやら多いようです。(お金を貸した人への取り立ても当然行ないます)

未来に対して審査をする、未来を審査する業者からは絶対にお金を借りないでください。通常の消費者金融は決してこのようなことはしません。良くも悪くも過去に対して非常に事務的な態度で審査をしてきます。「冷たい!」と感じるかもしれませんが、これが「審査」なのです。

最近出てきているソフト闇金は、お金を必要とする人に優しく接してお金を貸すという手段を取ってきます。一見して柔軟に対応してくれると思いがちですが、お金のやり取りをしていく上での審査、その過程で柔軟性があるというのはその分リスクがあることを示していると考えておくと良いです。

消費者金融、お金に関しては「やさしさ=メリット」ではありません。(お金を貸してくれないことがその人のためになることも多いです)

※審査が甘いというのも闇金の可能性を示す一つの根拠です。その理由も上記で示している通り、過去ではなく未来に対して審査をしている証拠だからです。未来に対しての審査は甘くなりがちであることを忘れないでください。

 

ブラックでもOK、生活保護の人でもOKは、未来に対して審査をしている証拠です。(過去に対して審査をしている業者は、このような属性の人にお金を貸すことはありません)未来への審査は、実に多用な言葉で表現できます。過去に目を向けた審査をしていない業者は基本的に信用してはいけません。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)