大手以外の消費者金融に口座番号を教えてしまった場合

消費者金融を利用したことがあるという人も「大手のみ」であればそれほど心配はありません

 

大手以外の消費者金融を利用している場合には注意が必要です。大手以外の消費者金融というのははっきり言ってどこに闇金が潜んでいるかはわかりません。

そんな業者に口座番号を教えてしまうと「押し貸し」の被害に遭遇してしまうこともあります。

また教えた業者が闇金でなくても、教えた情報がネットワークで広がり、どこかで闇金がその情報をキャッチすることもあります。

 

基本大手以外の消費者金融を利用することはオススメしません。いつどこで情報が漏れてしまうのかわからない部分があるので・・・

 

仮にすでに教えてしまっている、申し込みをしたら審査に落ちてしまった中小企業の金融業者があるという場合、教えた口座は念のため凍結させておくことをオススメします。

暫く利用していない口座がある場合には、一度チェックしてみると良いでしょう。(押し貸しの場合には基本的に相手から連絡があるので、気付かないということはあまりないと思いますが・・・)

情報のみを抜き出そうとする業者がいることに注意

 

ブラックOK、生活保護の人でもOKという宣伝をしているのに、いざ申し込みをしてみると貸してくれないという業者はとても多いです。この業者が目的としているのは、口座番号等の個人情報の抜き取りです。貸す貸さないは気にしていないことが多いです。

ですが普通に考えたら、ブラックOKというのは非常に危ない言葉です。普通であれば貸してくれないのが当たり前です。個人情報を守っていく意味でも、ブラックOK、生活保護OKの文字には躍らされてはいけません。

まともな企業ならこのような宣伝文句は利用しないものです。

個人情報を教えてしまった場合、変更可能なものは可能な限り変更しておくことをオススメします。電話番号や、口座番号等は変更しやすいでしょう。

ただ、すでにお金のやり取りをしているような場合には、一方的にこちらから連絡手段を絶つことはオススメしません。闇金がとにかく資金の回収をするために多くの手段で嫌がらせをしてくることも考えられます。この場合変に連絡を絶たないで、証拠を集めるためにもしっかりと対応をしておいたほうが良いでしょう。

 

知名度の低い金融業者、よく分からない業者には関わらないのが一番です。「以前もお貸ししましたが・・・」という言葉で、やり取りをしてきたように見せかける闇金はとても多いのですが、関わりがないのであればきっぱりそれを告げていくと良いでしょう。

 

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)