本人の責任にして融資額を増やしていく方法のひとつ「追い貸し」

闇金はお金を借りている人の心理状況をとてもたくみに操ってきます。

お金を借りている人が責任を感じるようなやり取りの仕方を知っており、それによって融資額を増やしている闇金も少なくないのです。

 

1つは追い貸しというものです。これは返済の入金が遅れそうな債務者に対して、入金が遅れるとお金を貸せなくなると伝えることでまず揺さぶっていきます。これを言った後に、「追加融資をして対応することができる(融資分を返済に充てる)」ということをしてきます。これを断れるほど債務者は強い立場ではなく、基本的に追加融資は成立してしまうことになります。

 

返済に充てると言っても、完全に闇金への借金であり、結局借金に対しての利息は闇金に入るので、闇金においてはデメリットがないことになります。

逆に債務者は純粋に借金が大きくなるので、どんどん負担が大きくなります。

借金をしている人の特徴ですが、一度返済が遅れるとその後、その遅れを取り戻していくことはとても難しくなります。闇金はこれをよく知っています。その上で融資を増やして、長期的にお金を搾り取ろうとしてくることが多いのです。

お金を借りている方としても、入金遅れという負い目から強気に出ることができず、どんどん借金を膨らませてしまいがちです。

はっきり言うと、この状況になって完済をすることは不可能に近いです。完済できるお金を持っていても闇金は利益を失いたくないので受け取ってくれないでしょう。

追い貸しが生じた段階で自力での返済は不可能?

追い貸しというのは言ってしまえば闇金への依存の第一歩になりやすいです。追い貸しで対応できるということで味をしめ、お金の管理ができなくなってしまう人もいます。

本当は闇金からお金を借りることは良くないのですが、万が一借りてしまった場合「追い貸し」は発生させないようにすることが重要です

その前に、専門家に相談をして対処方法を教えてもらうことが大切です。(すでに追い貸しを受けているという場合も同様、できるだけ早く対応しておきたいものです)

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)