闇金からすでに暴力行為を受けてしまっているような場合

近年は少なくなってきているようですが、やはり闇金と暴力は切ってもきれないような関係にあります。

暴力を受けた場合、「警察」に行くべきですが、これがいまいち行動に移せない人も珍しくないのです。

 

というのも、警察に相談をしても、闇金にバレてもっとひどい仕打ちを受けてしまうのではないかという考えが頭をよぎってしまうからです。

暴力行為を受けている証拠等が残っていないと場合によっては警察がすぐに動いてくれないこともあります。(アザや傷は証拠になります)

友人や知人が闇金に暴力を振るわれているが、闇金にバレてよりひどい仕打ちを受けるのが怖いという状況になっている場合、まずは「避難」させることが重要になることが多いです。

当然避難するだけではいけません。言ってしまえばこれはただの時間稼ぎです。

闇金の暴力に対抗していくためには、警察の力は欠かせません。避難をした後、しっかりと相談をすることがとても大切です。

 

 

ことの重大さをしっかり伝えることが「相談」する際のポイント

精神的に参っていると、相談をしても自分の状態を正確に相手に伝えることができない場合もあります。

闇金問題、大きなトラブルの場合誰かに知ってもらうことがとても大切です。暴力を受けて病院等に行って、そこで病院側がことの重大さを知り、警察等に連絡をしてくれることもありえます。

自分が正確に相手に伝えることができない場合には自分の状態を他の人に見てもらう、知ってもらうことが解決への一歩になることも少なくありません。

 

暴力を受けた場合、それが心の傷になってしまったり、強い恐怖に発展してしまうとトラブル解決がとても難しくなります。闇金だけではありませんが、些細な擦り傷や、ちょっとした怪我の段階で問題解決に動き出す、周囲が気づくことがとても大切になるのです。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)