闇金の本当の怖さは周囲の無理解なのかもしれない

闇金関連の事件として有名なのは、八尾闇金事件と呼ばれるものでしょう。

これは、2003年の6月に起きた闇金取立てによる自殺事件です。現在の闇金への取締のきっかけとも言える事件であり、この事件の闇金と取り立ては今では考えられないくらいひどいものであったと考えられます。

闇金からお金を借りたAさんとその家族がどんどん追い込まれてしまったこの悲惨な事件は、闇金の悪質度が非常によくわかる事件ですが、その一方で、「無理解」というのが闇金の本当の怖さであると考えさせられます。

今現在では、闇金といえば怖いもの、手を出すべきものではない、手を出してしまっても対処方法はあるという情報が多く飛び交っています。(十分ではありませんが)

それゆえに闇金というものに対して社会が関心を少なからず持ってくれています。これは八尾闇金事件が起こったからです。

八尾闇金事件の被害者であるAさんと、Aさんと一緒に心中した家族については、社会が闇金に理科を示していたとは到底思えません。

それゆえに自殺まで追い込まれてしまい、誰にも助けを求めることができなかったのだと考えます。

闇金への無理解と闇金の悪質さが組み合わさってしまうとそれは簡単に人の命を奪ってしまう事態になってしまうのかもしれません。

決して過去の事件ということではない

闇金の手口が巧妙化していることで、闇金の被害にあってもそれをどうして良いのかわからない、そもそも社会がそんな手口について全く関心がない、知識がないという状況が起こりえます。

つまり巧妙かした闇金に対して無理解な社会というのはこれから先、なり得る可能性は十分にあります。

無理解によって相談することができないような状態になってしまえば、悲惨な出来事が繰返される可能性はあります。

闇金への取締を十分にしていく一方で、予防と言う意味も込めて社会的に闇金への関心を高め、被害者に対して誤解を生んでしまわないようにする、無理解になってしまわないようにすることがより重要になっていくでしょう。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)