中小消費者金融を始めとして、闇金とつながっている業者を見分けることは難しい?

消費者金融は基本徹底して大手のものを利用していくことをオススメします。

これはある意味で大前提です。

中小消費者金融でも安心して利用できるところはあるようですが、相当業界について詳しくないと安全であると判断ができず、甘い言葉に騙されてしまい闇金に手を出しがちです。

 

最近では平気で嘘の広告を載せている場合が多く、金利で見極めることが難しくなってきています。法律内の金利と思っていたら違法金利になっているということは決して珍しくありません。

事務所での人の対応が丁寧というのもまったく判断材料にならないので、これで見極めることもできません。(これは本当にあてにならないので、決して判断材料にしないでください)

契約書を交わすかどうかということについても、契約書をはじめとして法律的に詳しくないと、ただそれらしく書いてあるものを契約書と勘違いしてしまいがちです。実はこれも、闇金を見極めていく上で、あまり頼りにならないことが多いのです。

一度会って、話をしてみると闇金かどうかというのはわかることが多いです。ブラックでも貸してくれる、とりあえず一度お金を納めて誠意を見せてほしいというようなことを言ってきた場合間違いなく闇金です。

そこで断ってしまえば良いじゃないかと思うかもしれませんが、場合によってはそこでキャンセル料や、何かしらのお金が発生するという理不尽なことを言ってきて態度を一変させることもありリスクがあります。

 

中小の消費者金融から楽にお金を借りようとしてはいけません。

楽にお金を借りていけるのは大手や銀行だけと思っておいてください。というのもこのような金融業者は審査が厳しいので、「ダメな時はダメ」としっかり伝えてくれます。そのためある意味でお金を借りるための手続や準備を丸投げしてしまうことができます。計画などもある程度丸投げできます。

しかし、中小の消費者金融というのはそうではありません。金融について法律的な知識、金融犯罪に関する専門的な知識を持っておくことが前提で、その上で自己責任でお金を借りていくことになります。そうでもしなければトラブルに巻き込まれる可能性がとても高いのです。

パソコンに例えるとわかりやすいです。
新品のパソコンは買うだけである程度サポートがついてきたり、一通り必要なものが揃っています。しかし中古品等のパソコンについてはまず使えるかどうかを自分なりに確かめる必要があり、故障部分はないか、自分の使いたいソフトに対応してくれているか等、専門知識がないと買うのにリスクが出てきます。初心者が中古のパソコンを安いからという理由で手を出してしまうと、ウィルス感染してしまったり、データが飛んでしまったりなど、不備に対応できず大きく損をしてしまう可能性があるのです。

同様に中小の消費者金融も、知識や経験がないと自分が大損してしまうだけでなく、闇金と接点を持ってしまう可能性があります。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)