注目を受けるために闇金に突撃をする行為の危険性・・・その後どうなっても責任はとれない

闇金は多くの人にとってあまり馴染みのない存在です。馴染みのない存在というのはどうしても好奇心で興味を持ってしまいがちであり、闇金なんかの情報に大きな興味を持っている人もいるかもしれません。

時折見られるのが、闇金に突撃をするという動画です。これはユーチューブ等でも見られます。

注目を集める、アクセスを集めるためにこのような行為を軽々しく行なっている人もいますが、これは大変危険な行為なので決してマネをしてはいけません。確かに注目を集めることができる可能性はありますが、あまりにもリスクが多過ぎます。

 

「やってみた」と気軽に動画を公開していますが、万が一その動画の中に出てきている闇金にそれが見つかった場合、単純に闇金として何をされるかわからないだけでなく、動画の内容によって法的な罰則が発生する可能性があります。闇金をなくしていきたいという正義感を持って行なっている可能性も少なからずあるかもしれませんが、この方法で闇金がなくなることはありません。逆に自分の立場を危うくし、不利なものにしていると思っておいてください。

あからさまに喧嘩を売っている等の動画は不快に思っている人のほうが多い

闇金に突撃する動画の多くは、突撃しているほうから喧嘩を売っていることが圧倒的に多いです。というのもそうしたほうがおもしろくなるからでしょう。闇金は決して許される組織ではありませんが、このような迷惑行為というのは見ていて気持ちの良いものではありません。

 

闇金によっては当然復讐のようなことをしてくる可能性はあります。おもしろかった、人が集まったではすまなくなります。

これは闇金とは話が違いますが、ユーチューバーの個人情報が抜き取られてしまった話です。日本での話ではありませんが、動画を公開しているということはそれなりにリスクを持つことです。闇金に対して無責任な突撃を繰返せば、このリスクはより大きくなり、「復讐」につながってしまう可能性があることをもっとしっかり知るべきです。

 

Gigazine テロリストが著作権違反を主張し反イスラムyoutuberの個人情報を取得

http://gigazine.net/news/20141110-terrorists-get-youtuber-data/

ユーチューブの著作権保持者に関するシステムを利用して、テロリストがある動画に対して偽の著作権に関する申立をすることで、動画公開者の個人情報を取得できてしまったという内容です。

人気を集めるために闇金に近づく行為は、最も危険な行為です。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)