システム金融と呼ばれる便利なようで闇が深い闇金

闇金の中で多重債務者を自動的に作りやすい方法として、システム金融というものがあります。これは複数の業者が連携を取って一人の債務者を追い込んで行く方法です。

 

システム金融ではまず、債務者になる人が闇金にお金を借りにきます。そこで返済期限が迫ってくると、連携をして別の闇金が債務者に連絡をしてお金を貸していきます。

債務者は基本的にお金に困っていることが多く、何も違和感なくお金を借りてしまうことが多いのです。しかしこれは非常に大きな落とし穴への一歩であり、次から次へと連絡がきて、お金を貸し付けに来ます。

この連鎖がはじまってしまうと、まさに借金地獄のはじまります。借金漬けの毎日になってしまい、到底個人でお金を返済していくことはできなくなります。単純に多重債務者になってしまうだけでなく、非常に短期間で多重債務者になってしまうのです。(闇金の返済サイクルというのは、高金利短期間です)、短期間で多重債務者になって一番厄介なことは「元金」がわからなくなることです。

元金がわからないというのは闇金に武器を与えるようなもの

闇金から借金をしていく人というのは、元金をあまり気にしない傾向があります。それゆえに返済額に違和感を覚えないことも少なくありません。

元金がわからなくなると、闇金に強く迫られた際に、何も言うことができなくなったり、自分に自信を持っていくことが難しくなります。そうなると、闇金と関係を切ることはより難しくなり、場合によっては依存してしまっている可能性もあります。(闇金しかお金を借りることができない、闇金がないと生活できないと思いこんでしまう等)

闇金からしてみれば元金がいくらだろうと、搾り取れるだけは搾り取るスタンスであることが多いのですが、実はしっかりと元金を計算している場合も多いです。というのも、逃げられた場合に、元金を返済しているかどうかというのが闇金にとっては死活問題になってくるからです。

元金を返済している人に対しては闇金はそこまでしつこく追い回さない傾向があります。これは時間と労力の無駄になってしまうほか、元金が返ってきているため損はしていないからです。

逆に、元金を一切返済していない場合には、非常にしつこく追い回してくるリスクがあります。弁護士等に依頼をした場合でも、元金を返済しているかどうかで難易度は変わってきます。

元金がわからない状態というのは、元金を返済しているかどうかがわからない状態でもあり、解決の際、不利な立場になることは間違いありません。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)