やっと見つけた闇金が被害者?個人で闇金を特定する事は現代では難しい

闇金の居場所を突き止めることは、お金を返金してもらったり、関係を切る上で有力な一手になることが多いですが、現代ではそれは不可能に近いものがあります。

それこそ警察等の組織的な操作でなければ見つけることは困難でしょう。

なぜこのような状況になっているのかというと、闇金側が、手数料の代わりに預金口座や携帯電話等を要求するような手口が出てきているからです。

これは闇金が被害者の口座や携帯電話を利用していけることを意味し、口座や携帯電話から居場所をわりだそうとしても、結局は被害者の元にしか行けないということになるです。

個人で居場所を特定しようとした場合、口座や携帯電話等しかつながりがなく、そこからしか情報を集めることができないという場合がほとんどです。しかしそのつながりも、すでに闇金とはつながっていない、むしろ闇金の被害にあっている被害者でしかなく、闇金の本拠地を見つけるということは到底できないことになるです。

 

また個人で調査をする上で一番危ないのは、調査をしているということを闇金側にバレてしまうことです。闇金側が調査を妨害する行為に出てくる可能性もあり、リスクはとても大きくなってしまうでしょう。

 携帯電話や口座を安易に闇金側に渡すのは闇金に武器を与えるようなもの

本来お金を借りるのに携帯電話や口座を渡していくということはありえません。

 

しかしお金欲しさに闇金側の言うとおりになってしまう人は後をたちません。闇金側に口座や携帯電話を渡してもそのまま音信不通になることもあり、必ずお金を借りれるわけではなく、これらは闇金に手口の多彩さを与えてしまうことにもなります。

また何より、携帯電話や口座をを渡した人物が罪に問われる可能性があります。

はっきり言ってしまうと、被害者が被害者を生み出しているのが今の闇金の状況です。

闇金は利用をすれば利用をするだけ力をつける

闇金をする側としてもいきなり上手く仕事ができるようになるわけではありません。お金を借りる人がいるからこそ資金ができ、手口も洗練されていきます。

利用をする人がいればいるほど、闇金は力をつけてしまうのです。闇金を利用する側の人間としては、闇金は利用するたびに、自分の人生にマイナスがついていくというイメージを持っていくことが大切です。自分の人生を投げやりに考えてしまっている人もいますが、どうでも良いからと言ってマイナスにしてしまって良い理由にはなりません。

自分のマイナスが他の人のマイナスにつながることをよく考え、闇金に武器を与えないことがとても大切です。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)