個人闇金は時に組織よりもよっぽど厄介になることも・・・

闇金というと近年では組織だったものよりも、個人で行なっていくものも増えてきました。

またインターネットで掲示板等でお金のやり取りをする人が増えてきていることも影響し、個人の闇金が活動しやすい環境ができています。

個人闇金は、当然偽名を使い、近づいてきます。そして個人の勝手でいきなり金利を上げてきたり、理不尽な取立てをしてくることもあります。組織だった闇金よりも厄介で、一貫性がないことも多く、個人だからと言って甘く見ていると、被害がどんどん大きくなってしまうこともあります。

ただ、個人の闇金は個人であるがゆえに活動範囲がそれほど広くないことも多く、闇金にのめりこまなければ遭遇しないことも多いです。

とにかく、個人の名前でお金のやり取りをしようという見知らぬ人を見かけたら、無視をするのが一番です。

お金を借りようなんてしてしまうと、十中八九個人闇金と関係を持ってしまいます。

個人闇金は情報を集めることがなかなか難しい

個人の闇金はその情報をどこかに残していくことがとても少ないです。ホームページを用意していたり、宣伝をしていることも少ないです。それゆえに電話番号しかつながりがないということも少なくありません。

これは被害にあった時に、その被害金を取り戻すことが難しいことを意味しています。口座等も誰か他の人の口座を利用している可能性が高いので、大きな接点になることは少ないでしょう。

 組織的な闇金の一端として個人の闇金が活動をしていることもあります。

個人であるとどこか対抗できるのではないかという思いを抱いてしまいがちですが、それはリスクに片足を突っ込んでいる状況であると考えて間違いではありません。

インターネットの怪しいお金の貸し借りをする掲示板は個人闇金の巣窟であると考えることもできます。このような場所でお金を借りることはリスクはあっても絶対にメリットはありません。「絶対」と言い切ることができます。

※個人闇金はいわゆる「危ない人」が多いです。というのも組織ではないのでその人の行動はその人には影響を与えません。組織が見つからないように穏便に済まそうという考えは一切ないと思っておいてください。非常に悪質な手法での取立てはもちろん、徹底的にお金を回収してこようとします。(組織に比べるとお金に余裕がないことがほとんどなので)そのため何度も言いますが、絶対に手を出してはいけません。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)