闇金が完全にその存在を消滅させることができたなら・・・

近年闇金というのはそのリスクを考慮して、大きく行動を起こさないことも多くなりました。闇金の存在というのは少なくとも時代の影響を受けていくことになります。

 

では、仮に闇金が完全に消滅したらどうなるのか・・・ということですが、これは闇金が法律や司法の力でなくなるというよりも、闇金よりももっと利益の良いビジネスが見つかった時だと思います。

現状でも予兆が見えていますが、インターネット詐欺、振り込め詐欺なんかは闇金のビジネスになってきている部分もあります。表立ってお金を貸すことをせずに、最初から人を騙すことに特化する可能性は十分にあるでしょう。

闇金という言葉が違う意味で利用されるようになっているかもしれません。

弁護士や司法書士についても詐欺の返金手続等に特化していく可能性はあるでしょう。

なんだかんだ言って、闇金は時代を変えて、必ず生き残っていくはずです。闇金のビジネスというのは悪い意味で日本に根付いてしまっています。排除しようとしても、根付いたビジネスに魅力を感じている人は、必ず排除を回避していきます。撲滅をすることよりも、身を守る防衛という視点がとても大切になっていくかもしれません。闇金の被害に遭遇している人の非難シェルターや駆け込み寺のようなものがずっと増えていく可能性もあります。px0010101972m

対策というのはどうしても犯罪より一歩遅れてしまいがちです。ただ、だからといって対策をしなくて良いということでもありません。現状ある闇金撲滅という意識を対策という意味合いも含めてしっかりと後世に残していくことが必要です。

闇金に対しての情報をもっと公開しても良いはず

闇金の問題は、お金を返済できないだけではとどまりません。

・名義貸しによる犯罪関与

・口座情報による犯罪関与

等、全く関係ない人、あるいは被害者と思われる人が「犯人扱い」されてしまうこともあります。このような場合、闇金について全く関係ない人ほど何をして良いのかわからない、何が起こっているのかわからないという状況になりがちです。

手口が巧妙かしていく闇金で、上記のような人はこれから増えていくでしょう。仮に闇金がなくなっても、それは被害者が犯人のような扱いを受け、真犯人は闇に隠れるという社会になってしまっては全く意味がありません。

闇金を撲滅できても、社会が理解、知識を蓄えていなければ本当の意味で問題の解決は難しいでしょう。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)