元ヤンが議員に!?議員に求められているのは意外性でもプライドでもない

20代の議員として注目をされ、さらに元ヤンキーということで注目をされている橋本真助さんをご存知でしょうか。

福岡県京都郡みやこ町の町議会議員の選挙で当選をし、実際に業務をされている人です。

政治家というのは、高学歴で、それなりの知識、品質が問われる職業であると思われがちであり、それゆえに民意を反映しにくい、民意を理解してくれないという意見を持っている人もいます。

元ヤンということは、それだけ一般の人の価値に近いものを持っている可能性はあり、期待されている若手のホープであることは間違いないでしょう。

しかし「元ヤンキー」という背景に違和感を覚えている人も当然います。

よく言われるのは、昔はワルだったから、まともになっていることに多くの人が評価をするということに対しての疑問です。もともと真面目であった人のほうが立派であることは間違いないと考える人も少なくありません。

確かに元ヤンキーは、ワルの時代を美化したり、非常に多くの人に迷惑をかけているがそれが現実味を帯びず、形だけ「申し訳ないことをしていた」と述べる人がとても多いです。

しかし、反面社会の情勢を掴むことに長けていたり、力強さを持っている人がいるのも事実です。

 

議員に求められるのは、「非を認める素直さ」

正直なところ、元ヤンキーでも、高学歴な人でも、議員をしっかりできる人もいれば、できない人もいます。その差というのは「非を認められる素直さ」ではないでしょうか。

高学歴な人は比較的プライドが邪魔をして謝罪を苦手とする人が多いです。元ヤンキーは昔を美化する傾向があります。

悪いことは悪いと認め、そこに関しては、自分に厳しく、そして正々堂々と謝罪をしていく姿勢が議員には求められていきます。

橋本真助さんが、自分の非を認められる素直さを持っているのか、持っていないのかはわかりません。

しかし、素直さを持ち、かつ元ヤンという立場を利用して、他の政治家とは違う視点を持つことはできれば、それは闇金や暴力団等の問題解決に大きく貢献できる可能性はあるのではないでしょうか。

逆に一番やってはいけないこととして、かつての自分の頼りすぎることです。

元ヤンキーであると昔のツテが多くあるケースが多いです。政治活動の際に何か困った時にそのツテを頼りにしすぎるのはいけません。立場は変わっているがやっていることが昔の自分と対して大きく変わらないという状況になりがちです。

議員になった以上、議員としての人間関係を重視し、その人間関係を利用して問題を解決していくことが求められるでしょう。

元ヤンキー20代当選議員「暴力団との対話も政治です」

参考URL:PRESIDENT Online

http://president.jp/articles/-/18438

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)