賃金業登録をしていたとしても闇金である可能性はあります。

通常闇金というのは、賃金業登録をしていない業者を意味することが多いです。しかし、賃金業登録をしており、かつ法外な利息を取り立てていく、正規業者であるが、その素性は闇金であるという業者もあるので、これには大変大きな注意が必要です。

よく、インターネットで「~は正規業者です」という情報を見ることがありますが、なぜこのような情報があるのか、疑ってみてください。

このような情報を流すということは、どこかで悪い噂や、実態がある可能性があります。それを賃金業登録をしているということだけで、正規業者であることを納得させようとしている可能性があります。

登録をしてある業者にお金を借りるように心掛ければ、闇金に遭遇する可能性はとても低くなります。しかし、だからと言って安心をしすぎるのは禁物です。賃金業登録をしてあるからといって信用をしすぎてしまうと、それだけ闇金と気づくことが難しくなります。

 

法外な利息を取られたら、それをしっかりと証拠に残しておく

大手の消費者金融で、登録をしてあるのに、闇金であるということは今現在の時代背景ではあまり考えられません。しかし中小はなかなかにグレーなところも多くあるので、注意が必要です。

中小の消費者金融からお金を借りる場合には、利息を必ず自分でも計算をしてください。

この利息の計算をする際(返済金額が正しいのかを計算する際)、中小消費者金融のホームページにあるシミュレーターを利用するのではなく、大手の消費者金融のシミュレーターを利用していくことをオススメします。中小消費者金融が全く信頼できないということではないのですが、大手のシミュレーターのほうが信頼度は高いです。

ちなみに法外な利息についてですが、これは利息制限法や、出資法などで条件が違い、「把握がしづらい」部分があります。

※ちなみに出資法は今は廃止されているので、本当であれば考えなくて良いのですが・・・なかなかに紛らわしいので・・・

それゆえに1つの目安として、年20パーセントを超える場合には、お金を借りないようにすることをオススメします。

これは利息制限法の、10万円未満の利息が年20パーセントまでと決まっていることから言えます。はっきり言ってしまうと、大手であれば確実にこれよりも利息は低いです。

10万円以上借りた場合、利息の限度というのはさらに下がっていきます。

年20パーセントという数字を覚えておけば、正規業者を装った闇金にもしっかりと対応できるはずです。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)