闇金をしていて生活保護をもらうという非常に悪質な行為は許されるべきではない

古いニュースではあるのですが、このようなことがあってはいけない、多くの人が知っておくべきということで、紹介をさせてもらいます。

 

ヤミ金収入33万円を隠して生活保護費受給 45歳の男を逮捕

2015.7.29 07:52

生活保護費を不正受給したとして、兵庫県警生活経済課と東灘署などは28日、詐欺容疑で、韓国籍で神戸市東灘区魚崎北町の無職、康貴人容疑者(45)を逮捕した。同課によると、康容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は平成26年4~5月、無登録で営む貸金業の収入があるにもかかわらず、市に無収入を装った申告書を提出するなどし、自身と両親の計3人分の生活保護費計約46万円のうち、貸金業で得た利益分計約33万円をだまし取ったとしている。

 県警によると、康容疑者は24年6月に受給を始め、27年3月までに計約815万円を得たといい、詳しく調べている。

 

引用先:産経WEST  http://www.sankei.com/west/news/150729/wst1507290017-n1.html

闇金というのは届出をしていない、あるいは知らないところで違法な利息を得て利益を得ている存在です。それゆえに、闇金の収入があったとしても、それを把握する手段や方法というのはとても限られてしまうと考えられます。そのため収入があっても生活保護を受給できてしまっていたのでしょう。

しかし人を借金で苦しませ、人々の税金である生活保護を不正に受け取っていたというのは非常に悪質な行為ではないでしょうか。このような行為がはびこるようになってしまっては、日本の生活を支えていくお金はどんどん不正行為に消えてしまい、そして借金まみれになる人が増えてしまうことでしょう。

闇金行為を把握することはとても難しいです。もしこれができれば闇金の検挙率は非常に大きく上がっていくはずです。

しかし、生活保護の不正受給を予防、抑制することは闇金行為を把握するよりも簡単であるはずです。上記の件では、不正受給を合計で815万円していたということですが、この間に気づけるポイントは多くあったはずです。

生活保護のあり方というのは常に問われています。今回紹介したように、楽をする、人を陥れて利益を得ていく人の餌食に、生活保護費がなってしまわないように注意をする必要があります。これに対して早急な対処をしないと、「真面目に働くことが馬鹿みたい」という狂った価値観の社会になってしまうでしょう。(当然闇金などの、違法的な存在がその存在感を大きくしてしまう可能性もあります)

 

そうなってしまえば、政治、教育等あらゆる面においてデメリットを大きく生んでしまうはずです。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)