今一度見直してみて!ネットに散らばる詐欺内職・・・

ここに来て、またネット内職に関する詐欺が話題になってきています。

被害急増の「ネット内職詐欺」――その怪しい手口を公開

~一部抜粋~

 

◆プロのツッコミ

初期費用で25万円、商品の追加で20万円ずつ……と、比較的払いやすい金額をちまちまと請求していく手口には、“損切り”できないタイプの人が引っかかりがちですね(前ページの大竹さんもしかり、です)。業者としては、あやしまれだした時点で雲隠れすればいい話で、そのギリギリまでカモろうとするわけです。「儲からなかったら返金する」なんていう、口だけならいくらでも言えそうなフレーズに安心してしまっているのも問題ですね。

 

引用先:YAHOOJAPANニュース

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160731-00102655-hbolz-bus_all

最近の詐欺は、大金を取ろうとしません、非常に細かいお金を搾取し続けるのです。そして怪しいと思われた段階で、逃亡を図り連絡を取れなくします。

ネット内職詐欺は、アフィリエイトが非常に大きく流行していた時期に多く見られた特徴的な詐欺です。

「稼げる」という名目を軸に、ビジネスに参加をさせ、結局のところお金をむしりとるだけ・・・ということになります。

ネズミ講や、マルチ商法なども手段として取られることが多いです。はっきり言いますが、このような詐欺の裏にはどのような組織が隠れているかわかりません。闇金などの裏の組織が隠れていることも少なくなく、そのような場合、逃亡タイミングは非常に綿密に組まれており、お金を支払った場合、それを取り戻すことがとても難しくなります。

もっと突っ込んで、はっきり言ってしまうと「ビジネスを簡単にはじめようとすることが大きな間違い」です。

ネット内職詐欺の多くは「ビジネスをはじめませんか」という宣伝文句を使います。

何も知らなくても、月に数十万円稼げるなんてことを宣伝文句として使っていることもあります。何も知らないでビジネスを始めることなんか絶対にできないので注意をしてください。ビジネスを始めるまでには計画が必要です。資金をしっかり用意しておく必要があります。資金を簡単に用意できるビジネスは世の中にはないと思っておいてください。

 

アフィリエイト等のネット内職は、「稼げません」。稼げている人は極一部です。

また勘違いをしてしまう人が多いのですが、ネット内職とインターネットを使ったしっかりとした仕事は全く違います。ネット内職は労力と報酬が見合っていないものであり、ネットを使った仕事は労力と報酬がしっかりとつりあっています。

※またネット内職と通常の内職も違います。内職は仕事に近く、作業の分だけお金は発生します。しかしネット内職はそもそも報酬が発生するかどうかがわからないのです。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)