お金を貸してくれるだけ良いという価値観が出てきた闇金業界

闇金は違法な利息で利益を得ている存在なのですが、そんな闇金も、「お金を貸してくれるだけ、まだ良心的」な業者が存在するようになりました。

これは逆に言うと、お金を貸してさえくれない悪質な業者が増えてきたのです。

 

闇金の状態というのは非常に大きく変わってきています。違法な利息でも良いからお金を借りたいということができなくなってきている時代です。

闇金が、限りなく詐欺組織に近づいてきてしまっていることは間違いありません。

というのも、この詐欺を仕掛けることで、お金がなくても利益を得ていけるようになり、今まで対象でなかった人も、利益の対象にしてしまうことができるようになったのです。

ヤミ金が再び増加か?悪質化で詐欺の被害も続出

おカネを貸してすらくれない!
詐欺化するヤミ金

~一部抜粋~

また、「白ロム詐欺」のヤミ金版も跋扈している。白ロム詐欺とは、携帯電話やiPadなどを契約させ、SIMカードが入っていない「白ロム」という状態で買い取る、と持ちかけるもの。被害者は、実際には端末だけを取られておカネをもらえなかったり、高額の端末利用料請求に苦しむことになる。かつては「高収入のアルバイトをやらないか」と持ちかけられた若者が被害者になるケースが多かったが、最近では多重債務者がヤミ金から「おカネは貸せないが、白ロムなら買い取る」などと持ちかけられるケースが増えている。

引用先:http://diamond.jp/articles/-/82468?page=3

 

かといって、お金を貸してくれる闇金だから、良い闇金ということではありません。お金を貸してくれる闇金もまた、怖い存在であることに間違いはありません。借金が膨らむにつれて、詐欺行為をしかけてくる可能性もあります。

多重債務者は一定数いることは、闇金が一定数いることを意味する

多重債務者は、今の時代も一定数います。このような多重債務者は闇金に手を出してしまっていることが多く、多重債務者が一定数いるということは、闇金も一定数いるということです。

この一定数の闇金はかつては、多重債務者にしか関係のない存在であったのですが、現在は詐欺という形で全く関係ない人が巻き込まれてしまうことがあります。

もはや闇金は、利用する気の有無に関わらず、被害に遭遇してしまう可能性のある存在になってしまったのです。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)