生活保護費が闇金にとって餌のようになってしまっている

生活保護費と闇金というのは近年深いつながりがあるとされています。

常に一定額、お金が支給される生活保護者というのは闇金にとってみればとても都合の良い存在なのです。どんな状況であれ受け取っている生活保護費を、生活保護者から利息として徴収してしまうことができるので、安定した収益を期待することができるのです。

闇金に足を運ぶ人が、闇金に対して常に一定額返済していけるということはまずないと考えられています。それゆえに、何もしなくても利益になる生活保護費というのは闇金にとってとても都合の良い存在です。

 

それと同時に、社会的な流れも、闇金にとって都合の良いものになってきてしまっています。

それは、生活保護費の不正利用に対しての厳しい目です。不正受給はとても許されるものではありません。不正受給をすることで、本当に生活保護費を必要としている人まで、怪しい目で見られてしまいます。

それだけではなく、生活保護費の縮小等も現実味を帯びてきてしまいます。仮にこれが実現していくとすると(実際に規模は縮小の傾向にあります)、生活保護者は、生活をしていくためのお金に危機感を覚えることでしょう。

ここで多くの人が「生活保護者はお金を借りられない」と考え、闇金に手を出してしまうようになると考えられています。

すなわち生活保護の不正受給というのは、真っ当な生活保護者を苦しませるだけでなく、闇金に資金提供をしているような存在と考えることもできるのです。

不正受給というのは、非常に「罪深く」、闇金に有利な行動を促している行為なのです。

 

生活保護者でもお金を借りられる場合がある

生活保護者が、消費者金融でお金を借りることはできません。生活保護費は収入ではないからです。

しかし、絶対にお金を借りられないということはありません。もし非常にお金に困っているということであれば是非福祉事務所に足を運んでください。担当のケースワーカー等に相談をして、お金を借りることができる「場合」もあります。

もちろん、正当な理由が必要であり、お金を借りるまでにはそれなりの時間が必要です。

自分勝手なお金の使い方をしていては、当然上記のような方法は不可能になるので注意が必要です。

また、ケースワーカー等には真実をしっかりと話すことが必要であり、ここで嘘をつくと、場合によっては社会的罰を負う可能性もあり、当然お金も借りられなくなります。

生活保護を受けているという状況でお金を借りるためには、公的な制度を利用する以外方法はありません。必ず福祉事務所に足を運びましょう。間違っても闇金の事務所に足を運んではいけません。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)