「元金だけを返済して和解」はそんなに悪いことなのか・・・

闇金解決支援の情報を見ていくと、借りたお金は、絶対に返済をするべきではないという情報が最近とても増えてきました。

同時に、「元金を返済しての和解」という方法に対して、非常に批判的な意見も見えるようになりました。

そこで考えておきたいのが「元金を返済しての和解」がそんなに悪いことなのか・・・ということです。

闇金にはお金を返済する必要性はありません。しかしこれは返済をしなくて当たり前ということではないのです。こう考えてしまうと、返済するつもりもないのにお金を借りようとする人が出てくるでしょう。これは闇金を活性化させるものであり、取立てや、闇金の行動をより悪質化させてしまう可能性があり、非常にまずい考え方です。(借りた人が詐欺に該当することもあります)

 

闇金との交渉というのは闇金からお金を借りた人のその後の人生を守る上でとても大切です。

強気の弁護士は心強いかもしれません。しかしただ闇金と敵対するだけの弁護士は、結局のところ依頼者、闇金からお金を借りた人の生活にリスクをもたらすだけのこともあります。

闇金はそもそも違法な存在であるため、必ず弁護士の指示に従う・・・とは言い切れない部分があります。

危険な闇金、違法度の強い闇金であればなおさらです。そのような闇金に交渉もなし、和解を全く視野にいれない解決策は果たして良いのでしょうか。

元金を返済して和解・・・は結果としてリスクを少なくできる可能性もある

闇金からお金を借りた場合、返済し過ぎている場合にはそれ以上のお金を返済する必要はなく、逆に支払い過ぎたということをしっかりと闇金に伝えていくことが弁護士の大きな役割になっていきます。

しかし全く返済をしていない場合、元金を返済するという条件をもとに和解をするという手段もあります。

強気に出ると、反発してくるが、和解や交渉に対しては慎重に対応する闇金も存在します。強気に出るのか、交渉をするのかしっかりと見極めることが専門家の腕の見せ所です。

いつでも、なんでも強気な弁護士が良いということではないので注意をしてください。

元金を返済すればとりあえず闇金としては気が済むということも少なくはありません。闇金を撲滅することは大切ですが、これは警察がすることです。弁護士やそれに類する専門家、支援団体はとりあえず、闇金と関わってしまった人の状況の改善、救出が大きな役割になります。警察と連携をしていくことは大切ですが、弁護士や支援団体が変に強気に出すぎたり、撲滅を意識しすぎるのは当然良くありません。

 

素人の「闇金から借りたお金は返済しなくて良い」という知識は、意外と危険であるということを知っておいてください。それを知っているからこそ和解や交渉を提案してくる闇金に強い弁護士もいるということをしっかり認識しておくべきです。

そうでないと弁護士と共に変に闇金を刺激してしまったり、より被害が強くなってしまうこともあります。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)