先に電話をかけ続け、電話を無力化する方法が対策として期待されている?

特殊詐欺では、携帯電話が多く利用される傾向があります。それを阻止するために、特殊詐欺対策として新しい一手が打たれることになりそうです。

「かけ子」携帯に妨害電話=特殊詐欺対策、全国の番号集約-警察庁方針

 

振り込め詐欺などの特殊詐欺対策として、警察庁は25日、犯行グループの偽電話役「かけ子」に妨害用の警告電話を行う方針を固めた。全国の警察が把握しているかけ子の携帯電話番号を集約し、一斉に繰り返し発信することで携帯を「無力化」するのが狙い。試験的に行った北海道警で効果が認められ、2017年度予算の概算要求に事業費を盛り込んだ。
 警察庁によると、北海道警は昨年8~12月、モデル事業として警告電話を実施。被害申告を基に把握した電話番号に対し、委託先の民間コールセンターから自動的に電話をかけ続けて常に着信状態にさせ、相手が出れば携帯電話の利用停止と警察への出頭を促す警告メッセージが流れる仕組み。
 実際に電話に出るケースはほとんどなかったものの、5カ月間で84回線に警告電話を行った結果、7割を超える62回線を解約に追い込んだ。また、道内の被害は実施前の昨年上半期(1~6月)が159件の約6億3000万円だったのに対し、実施期間を含む下半期は被害件数が116件の27%減、被害額も約3億円の52%減となり、水際対策などに加えて警告電話も一定の成果を挙げたと判断された。

引用先:JIJI.COM http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082500495&g=soc

かけ子が使っている電話に対して、先に電話をかけ続け、電話として利用できないようにするという方法です、地味ですがなかなかの効果があるようであり、まさに妨害ということになります。

言い方は悪いですが、かけ子に対して、常に電話をしつづけるという嫌がらせですね。犯罪をしているグループに対して法的に認められた嫌がらせをするというのは、なかなか画期的ではあります。

実際に回線がかなりの数解約されたということで、この対策をすることで、かけ子が暗躍しにくくなることは間違いないかもしれません。しかし回線が解約されるということは、その分回線契約を新に結ばされる=闇金等により名義貸しや、代理契約などの被害に遭遇する人が増える可能性もあります。

詐欺の被害を大きく減らすことに対して貢献できることは間違いないですが、同時に、闇金の違法な代理契約などの被害者に対しても、画期的な対策というのは欲しいのが現状です。

かけ子が面倒臭く感じるようになるというのは良い傾向では?

電話をかける側が、嫌がらせをうけ、「面倒臭い」と感じるのはとても良いことだと思います。このような詐欺は、いかに労力、リスクを少なくしてお金を稼げるかとうことを気にしていることが多いです。それゆえに手法をマニュアル化して、かけ子を多くしたりしていることも多いです。

しかし、今回の対策によって、労力と言うのは間違いなく増えていくことでしょう。労力が増えるということはそれだけ、詐欺をしているグループのリスクが増えることにもなるので、今後、この対策が思わぬ結果を出していく可能性は十分にあるのではと考えられます。

詐欺グループが暗躍しにくくするような「嫌がらせ」というのは、これからも積極的にすべきなのかもしれません。ただ、その裏でリスクが新しく生まれてくる可能性もあるので、ただひたすら「嫌がらせ」をするというのも、問題はありますが・・・

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)