安い金利を求めていくと、お金を多く失う結果に行き着いてしまう可能性がある

お金をどうしても借りなければいけないと思った場合、金利というのはとても注意しておかなければいけない要素です。

金利はできるだけ低いほうが良いのは当たり前ですが、現実問題低すぎる金利を提供している消費者金融というのは闇金やそれに近い業者であることが非常に多いので、オススメできません。

目安にするべきなのは、大手の消費者金融の金利であり、これ以上低い金利には手を出さないほうが身のためです。

大手の消費者金融の金利より低くて、まともにお金を貸してくれるというケースは非常に少ないです。大手の業者の金利が最安値と思っておいても良いでしょう。

安く安くを求めてしまうと、闇金がそこに付け入り、根も葉もないことを言ってきたり、金利の待遇面について嘘の情報でお金を借りさせようとしてくることも当然あります。

どうすれば、金利を安くすることができるか・・・ということで金利の安い業者を探す人もいますが、金利の影響を一番小さくする最も効率的な方法はお金を借りたら、すぐ返すという方法です。これができれば金利が多少高くても、ほとんど影響は出てきません。

つまり「いかにお金を早く返すことができるのか」が金利の面でとても重要になるのです。

金利が低いと早く返すことができない場合も

金利が低い業者というのは、グレーゾーンや闇金である可能性が高いということは上記で記しましたが、このような業者は、簡単に完済をさせないこともあります。期限を変に決めたり、あるいは返済をさせないように仕掛けてくることもあるでしょう。

金利が低くても、簡単に返済をすることができないということはそれだけ、金利を多く支払っていかなければいけないことになります。そうなると金利の損をしてしまい、結局のところ高い金利と変わらないということもあります。

高過ぎる金利というのも当然危ないのですが、低すぎる金利というのもその裏に何があるかわからない面があります。必要以上に金利に意識を持っていかれないようにするべきであり、「早く返せる業者」を選び抜くことが結果的にお金を必要以上に失わない大きなポイントとなります。

金利ばかり注目する情報には注意が必要

消費者金融からお金を借りる場合、金利も大切ですが、それ以外の「信用」という面でしっかり情報を見抜いていくことが大切です。最近は金利ばかりに注目した情報サイトがとても増えていますが、業者として信用できるのかを情報として集めていくことが「何より」大切になります。

 

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)