闇金に対しての夜逃げは状況を悪化させるだけ、夜逃げはしてはいけない

闇金で返済できなくなったら夜逃げしかないというような価値観がいまだにありますが、夜逃げは絶対にすべきではありません。

問題を先送りにしているだけでなく、自分達の状況をどんどん悪化させてしまう傾向があります。

夜逃げをするということは、それだけ居場所を特定されたくないという想いがあると思います。住民票を作らないという人も出てくるでしょう。この住民票を作らないというのは非常に大きなデメリットがあり、公的なサービスをほとんど受けられなくなる可能性すらあります。

そうするとどうなるのかというと、病気になった時非常に困ってしまったり、あるいは補助金なども受けられなくなってしまいます。当然仕事にも影響していきます。闇金から逃げているのに、どんどんお金がなくなるという状況になりがちなのです。

住民票などがなくても仕事ができる現場というのはそれこそ裏の社会に近いものがあり、何のために闇金から逃げてきたのかわからないような状況になってしまうこともあります。

当然ちょっとした足跡から闇金が居場所を突き止めてくることもあります。(借金の金額が小額であればここまではしてこない可能性はありますが、夜逃げをするほどになっている場合、借金が非常に大きな金額になってしまっている場合がほとんどでしょう)

夜逃げは結局資金に限界がすぐきてしまう

夜逃げは当然お金がかかります。お金がつきてしまえば、当然生活はできなくなります。上記の理由からすぐに資金源を作っていくことも難しく八方塞になってしまうことが多いので絶対にすべきではありません。

それであれば、弁護士や警察に相談をしたり、あるいはシェルターなどでかくまってもらう等のことをしたほうが効率的でしょう。

夜逃げをすると結局何も改善しない・・・

夜逃げをすると、闇金問題がとても中途半端になってしまいます。解決をしたという達成感もなければ、解決のための方法も知らないまま状況を放置してしまうことになります。夜逃げをしてから弁護士などに相談をするという方法もありますが、資金等の関係から余裕がなくなってしまう可能性もあります。

夜逃げは良くないからと言って闇金と戦えということでもありません。しかし少なくとも、自分自身の状況と向き合って、「解決」に向けて行動を起こしていくことは大切です。

※家族がいる場合、夜逃げをすると家族もずっと不安な状況に陥ることになります。家庭の不調和等につながる可能性も当然あり、学校などに通っている子どもがいる場合、いきなり子どもは環境が大きく変わってしまうことになりデメリットしかありません。総合的に考えて夜逃げはするべきではありません。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)