2ちゃんねるなどの、お金貸します等の掲示板には縁を持たない事が一番

2ちゃんねるができてから、2ちゃんねるを元にしてお金を貸してほしいという情報を発信する人が後を絶ちません。貸してほしいという書き込みをすることで多くの人が集まり、借り手の情報を搾り出していくような感じです。

このお金のやりとりをする掲示板はいくらなんでも怪しすぎます。借り手と貸し手では借り手の情報は圧倒的に渡すのに、貸し手の情報はほとんど相手に渡さないということも珍しくありません。

またそもそも貸す気もないのに、情報だけを公開させて面白がる人間もいます。当然借りるだけ借りて、あとは姿を消そうと考えている人もいます。

このような状況の中でまともにお金のやり取りができるわけがありません。闇金よりもずっとリスクがある、場合によっては闇金が潜んでいる可能性も高いので、決して利用するべきではないでしょう。

このような掲示板を利用するのであれば、役所に足を運んだほうがうっとメリットがあります。

本当に善意でお金を貸してくれる人は皆無

掲示板でも、普通の消費者金融でも、闇金でも、お金を貸すという行為に対して「善意」を持っていることはほとんどありません。というのも消費者金融はビジネスであり、闇金は違法行為であり、掲示板は興味本位、あるいは詐欺、闇金であることが多いからです。

逆に善意だけでお金を貸してくれる人は、家族だけと思っておいても良いくらいです。

それ以外の人からお金を借りようとする際、貸した相手にもメリットがないとまず借りることはできません。

このように考えると、お互いの存在が曖昧にしか見えない、掲示板というのは貸し手と借り手の双方にメリットの前に、まず相手が本当に実在するのかすらわかりません。このような状況で、善意だけでお金を貸そうと思うほうがどうかしていると考えることもできます。

お金を借りようとする際に、「誰か貸してくれるだろう」と安易に考え過ぎる人はお金のトラブルに巻き込まれやすくなるだけでなく、お金に関する警戒心が非常に弱くなってしまうでしょう。詐欺などに巻き込まれるリスクも当然普通の人よりも高くなります。

掲示板や闇金を利用しようと検討してしまっている時点で、大きな間違い、異常な状況であるということを認識してください。本来であればこのような手段ではなくほかのしっかりとした手段でお金を用意していくことはできるはずです。

「頼る人を間違えている」・・・そう考えてください。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)