闇金が公正証書を作っているような場合には大きな注意が必要

基本的に闇金は法律の前では無力であることが多いです。これは裁判などでも判例が出てきており、闇金に対して弁護士で対抗していくのは良い手段となっています。しかし場合によってはなかなかややこしいことになってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

それは闇金が公正証書というものを作った場合です。公正証書というのは簡単に言ってしまえば、これだけの金額を借りていて、返済をしない場合は差し押さえをしても良いということを証明する書類です。闇金がこの公正証書を作れるということ自体、どこかおかしなものですが、比較的簡単に作ってしまうこともできます。

この公正証書は、当然闇金が勝手に作っているものであって、金額等もでたらめなものにされていることがほとんどです。

しかし公正証書という力を持ってくるため、これに対して請求義の申し立てをしていく必要があります。この申し立て等をしないで放置をしておくと、闇金のでたらめな情報が認められてしまうことになるので大きな注意が必要です。

闇金から公正証書があるということや、それによる強制執行の連絡があった場合には、できるだけ早く弁護士に相談をすべきです。何もしなければ闇金に思う壺になってしまくぃますが、しっかりと行動をすればでたらめな公正証書であるため、必ずミスやおかしいところが出てくるため、それを利用して逆に闇金に対して積極的にせめていける可能性が出てきます。

闇金からお金を借りないことが一番であるが・・・

闇金からお金を借りなければそれが一番ですが、万が一借りるようなことがあった場合(気づかないで借りる場合も)、安易に印鑑証明書などは渡すべきではありません。これらは闇金にでたらめな公正証書を作らせるチャンスを与えてしまいます。

また署名や印鑑を押すという場合にも、書類をしっかりと確認し、その書類の控えや借用証書をもらうようにする必要があります。基本的にこれができない場合お金を借りるのは非常に危険だと認識しておく必要があります。(闇金の場合ほとんど期待できませんが・・・)

印鑑証明書がなくても、相手が公正証書のようなものを提示してくることもあるかもしれません。ただ、公正証書でなければ、法的な力はそれほどないので、弁護士にしっかり相談すれば比較的楽に解決をしていけます。

闇金からお金を借りていないのに、いきなり裁判にするというようなことを言われた場合、それは詐欺である可能性が高いため、無視をしておいても良いですが、お金を借りている場合、公正証書による強制執行などの可能性があるので、それを無視することは決してしてはいけません。闇金に法の力を与えてしまうことになります。

http://www.shomin-law.com/shakkinyamikin.html

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)