闇金に払うお金を弁護士にあてるという考え方

闇金と関係を持っていくと、延々と長期的にお金を搾り取られてしまいます。そうであれば弁護士に依頼をしたほうが良いと考えている人も少なくありません。

そもそも弁護士に支払うお金というのは、闇金の長期的な被害に比べれば微々たるものであることが多く、お金がなくなりそうということで闇金と関係を持つよりも、弁護士に依頼をして債務整理等を検討していったほうがずっと、出費は少なくなります。

目の前のお金だけに意識が行ってしまうと、闇金に手を出そうとしてしまうようになるのでしょう。闇金は基本的にお金が手に入ることはありません。手に入っているように見えて実はどんどん出費が多くなっている状態です。

お金を支払っていれば、闇金問題は自然と解決していくと楽観的に考えている人も中にはいます。このような人は闇金と関係を切っていくことはほぼ不可能です。

闇金はその状態を知った上で、長期的に関係を持ってこようとします。闇金に手を出した人はそれを断ち切る勇気や行動力に欠けていることが多く、生活に闇金が深く介入した状態で、過ごしてしまいます。

闇金が生活に介入した状態が自然になってしまうと、いよいよ解決が非常に難しくなります。闇金に支払うお金の一部でも弁護士に当てることができれば、それだけで状況が一変することがあるのです。

 

(闇金にお金を支払わないという判断は場合によっては身の危険につながることもあるので、できれば返済をして時間を稼ぎつつ、弁護士に相談していくのがベストです。闇金にお金を払って何もできなくなって自暴自棄になってしまうより、少しでもあるお金を弁護士に回していったほうがメリットは大きいということです。当然この場合早期解決が前提です。)

 

返済が難しくなってしまっている場合ほど弁護士を意識するべき

返済が難しくなっていくと、闇金に返済を後らせてほしい、返済をするための借金をお願いするということになりがちですが、このような時ほど弁護士に依頼をしていくべきでしょう。素直にお金がないということを伝え、どうにかしてほしいということを本気で伝えていくことが必要です。

当然弁護士としてもお金が全くないという人に対して手を差し伸べるかどうかは弁護士の判断になりますが、闇金に相談をするよりは間違いなく解決に向かっていくことができるはずです。

 

無理だと最初から決め付けないことが大切

闇金に手を出す人の多くは、何かしらのことに諦めを持っていることが多いです。返済をしていく中でも、この先どうでも良いと考えてしまっている人が少なくありません。しかし人生というのは「どうにかしよう」と思った段階で、良い方向に向かっていくものです。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)