法律で返さなくて良いは安心材料になるのかどうか・・・

闇金からお金を借りても、そのお金は返済をしなくて良いというのが現代の考え方です。このように言うと必ず出てくるのが「闇金から大金を借りて、そのまま行方をくらます」という方法です。

 

このようなことは可能なのかというと、現実的にはかなり難しいです。というより最初から返す気がないということになると借りた側が詐欺などに問われる可能性があります。

詐欺などの面をあえて考えないでいくとしても現実的ではありません。

まず闇金がいきなり大金を貸してくれることはほとんどありません。多くが小額での融資です。それを何回も借りて返済をしないということを繰返していれば、いわゆる闇金の中でのブラックリストに載ることになります。

そうすると闇金としても、お金を貸さなくなるだけでなく、それまでの金額によっては非常に厳しい取立てなどに遭遇する可能性が高くなります。

闇金も小額であれば、厳しい取立てをすることは少なくなってきていますが、大金になれば当然悪質な手法での取立てをしてくる可能性はあります。

 

インターネット上で、「借りているが返したことはない」というような情報が多く見られますが、これらが本当かどうかはわかりません。このような曖昧な情報を信じて闇金に手を出してしまうようなことは絶対にしてはいけないでしょう。

闇金にお金は返さなくて良いというのは、闇金を身近なものにするためのものではありません。被害に遭遇してしまった人のための救済処置のようなものと考えておく必要があります。

返さなくて良いという考え自体が非常に危険

闇金から借りたお金というのは、そもそも違法な存在からのお金であり、法律的に認められるお金ではないために返済をしなくて良いという扱いを受けています。

しかしインターネット上では、単に返済をしなくて良いという安易な考えが広まっています。かりに闇金がしっかりとした契約書あるいは虚偽の契約書や公正証書などを用意している場合、闇金の取立てが法的な力を持ってきてしまう場合はあります。(当然対処方法はあります)

返さなくて良いという安易な考えが非常に多くのトラブルを呼んでしまう可能性があり、決して考えるべきことではないのです。

インターネット上の情報に騙されないようにしてください。借りても返さなくて良いというのは個人の願望と受け取っておいてください。闇金であっても(あるからこそ)、このような個人の願望を現実的なものと考えてしまうと、自分の人生を壊してしまうリスクも出てきます。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)