大手の消費者金融の借金が結局闇金につながることが多い

大手の消費者金融は決して闇金などではありません。

これは確かであり、闇金というのは中小の業者に多い傾向があります。

ではなぜ大手の消費者金融が闇金につながりやすいのかというと・・・

 

闇金を利用している人の多くはもともとは大手の消費者金融を利用していた傾向があるからです。大手の消費者金融の利息は中小業者に比べたら低いものであり、手を出したからと言って返せなくなるわけではありません。

しかし、これが一転返済できないような状況になると、それはすでに自分の状況でどうにかできるものではなくなっていると言えます。

 

大手の消費者金融の借金を返せないというのは、なかなかに深刻な情況と考えておくべきです。大手は大手なりの面子があり、返済に対してもしっかりと相談や対応をしてくれるものですが、それに対してお金を借りている人が対応できない、返済の目処が立たないということは、お金の管理が全く上手く行っていないことを意味しています。

 

こうなると、人はどうするかというと、中小業者の借り入れを利用していきます。しかし中小の業者の利息は大手よりも大きいため、中小の業者で借りたお金で大手の消費者金融のお金を返すことができても、中小業者の借金の利息に今度は手をつけられなくなります。

こうなると、中小業者にも頼れなくなり、最終的に闇金に行き着いてしまうのです。闇金からお金を借りると借金返済の難易度が極めて高くなるのに、冷静な判断ができなくなることで闇金にてを出してしまいます。

 

大手で返済できなくなったらそれは、もう返済能力がないのと同じ

大手の消費者金融を利用していて、お金を返済できなくなったら、返済能力はすでにないと考えておくべきです。そこからどうにかするには、弁護士と相談し、もしくは消費者金融と相談し、返済期限を延ばしてもらうか、収入のあてがないのであれば、債務整理などを視野に入れていくべきです。

ここで中小の業者に手を出してしまうと、いわゆる借金まみれに突入してしまいます。借金まみれの状態から誰の手も借りず、お金を返済していくのは、それこそ大きな仕事を成功させていくなどの非常に難易度の高い仕事をこなしていかなければ難しいでしょう。(現実的ではありません)

大手の消費者金融は比較的手軽にお金を借りれるイメージがありますが、闇金への入り口にもなり得ることをしっかりと自覚しておくべきです。

そうでなければ、いとも簡単に闇金になだれこむ形になってしまうでしょう。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)