未成年で闇金に手を出す恐ろしさはしっかり親が教えておくべき

未成年でも環境や場合によっては借金をしたいと思う人はいます。

未成年の借金は相当な条件をクリアしておかないと難しいものであり、基本的にはできないものと思っておくと良いでしょう。できないものと思っておけば、借金をしないように注意することができます。

 

そもそも、未成年で借金が必要になる状況というのは非常に限られてきています。それこそ奨学金等だけ・・・と言ってしまうこともできるでしょう。

それ以外の場合には、親からお金を借りるということになると思います。業者や、社会から未成年だけの立場でお金を借りることは現実的ではないのです。

お金を借りようとしても、まず「親」の存在が出てくることになるでしょう。

 

闇金なんてもってのほか!

未成年が闇金に手を出すというのは非常にまずいです。大人であっても多くの人を巻き込んでしまうリスクがあるのに、未成年であるとまずかぞくを巻き込んでしまうことになるでしょう。未成年にお金を貸す闇金もそれほど多くはないと考えられますが、何か大きなメリットがあると考えれば違法行為もものとしない闇金であれば、お金を貸す可能性は十分にあります。

学校などに影響が出てくることも当然あります。そうすると勉強や友人関係にも支障が出てくる可能性があるでしょう。これらは未成年にとってとても大きな影響力を持ってきます。

学校などに闇金がアプローチしてくるようなことがあれば、それは勉強のみではなく将来の就職や、進路に影響をしてしまう可能性もあります。

闇金は容赦なく、弱点が弱点として利用価値のあるものとわかれば、利用をしてくる傾向があります。学生は立場的にも弱点が多い傾向があるので、闇金にとっては利用しやすい立場になってしまうこともあるということです。

当然家族に影響が出てきて、家族に迷惑がかかることもあるでしょう。家族自体が強く追い込まれてしまえば、当然普通の生活を送ることができなくなります。

日常生活を破壊してしてしまうリスクのある闇金には絶対に手を出してはいけません。そもそも、未成年で借金に手を出すような癖をつけるべきではないでしょう。万が一癖がついてしまえば、闇金の扉をたたくタイミングはそう遠くない未来と思っておいたほうが良いです。

※闇金の恐ろしさというのは、未成年にもっと知ってもらう機会を作るべきではないでしょうか。実態もわからない闇金、姿を隠していくことも多い闇金は、未成年にとっては非常にわかりづらいものになっています。

 

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)