指定暴力団による詐欺行為に対して、本部事務所を家宅捜査

9月に起きた身分を隠しての中古車購入による詐欺容疑、身分を隠しての自宅マンションン賃貸借契約の更新に関する詐欺容疑によって9月中に神戸山口組直系の組長が逮捕されています。

この2つの詐欺事件の関係先として、本部を含む関係箇所が家宅捜査が実行されました。

 

神戸山口組本部事務所を家宅捜索 兵庫県警、詐欺事件関係先、山健組事務所なども

指定暴力団神戸山口組の直系組長らを逮捕した2つの詐欺事件の関係先として、兵庫県警は3日、同組本部事務所(兵庫県淡路市)など4カ所を詐欺容疑で家宅捜索した。

 本部事務所の捜索は、直系組長2人が身分を隠して中古車を購入したとされる事件の関係先として行われた。午後2時すぎから、県警暴力団対策課などの捜査員ら約30人態勢で実施。午前10時半ごろには、中核組織の「山健組」事務所(神戸市中央区)と関連施設も捜索した。

 本部事務所は神戸山口組組直系「侠友会」の事務所を使用しており、同組傘下組織組長らの詐欺事件の関係先としても、県警明石署が捜索した。

 県警は9月29日、身分を隠して中古車を購入したとして、詐欺容疑で神戸山口組直系「黒誠会」組長、笹昭(52)と同「真鍋組」組長、池田幸治(49)の両容疑者ら3人を逮捕。同26日には、身分を隠して自宅マンションの賃貸借契約を更新したとして、同容疑で侠友会傘下組織組長(50)ら3人を逮捕していた。

 引用先 産経WEST http://www.sankei.com/west/news/161003/wst1610030049-n1.html

 

近年暴力団のイメージは非常に悪くなってきています。その理由の代表的なものとして「詐欺」があります。

詐欺に関与して、多くの人を被害者にしているということが、暴力団のイメージ悪化につながっていることは間違いありません。

昔から闇金等に関与していたとされていますが、現在は詐欺というイメージを強く持っている人も少なくありません。

インターネット等が普及したことによって、暴力団や闇金への関与というのは意外にも、詐欺を通して非常にしやすくなっています。多くの人がこのことに対してリスクを知っておくべきですが、自分には関係ないと思っている人は残念ながら多いです。

取締等はさらに強くなると考えられるが・・・

暴力団に対しての取り締まり、社会による取り締まりというのは今後さらに強まると考えられますが、だからと言って安全ということでもありません。

取り締まりが強くなるということは、それだけ、見えない部分で暗躍をする機会が増えていくということになります。取り締まりによる効果で表面的なリスクが減るというのは非常に大きなメリットがあります。単純にリスクに遭遇する機会が減ります。

しかし、それでリスクに対して無関心になってしまうと、暗躍している人たちによって被害に巻き込まれてしまいます。取り締まりが強くなったからこそ、しっかりとリスクに関心を持っておくべきでしょう。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)