警察が闇金に情報をもらすなんてことはもってのほか・・・信用問題に発展する

警察という立場を利用して、個人情報を無登録賃金業者(いわゆる闇金)に渡していたということです。

 

貸金業者に個人情報漏らす=巡査部長を逮捕-神奈川県警

察が持つ個人情報を漏らしたとして、神奈川県警は3日、地方公務員法(守秘義務)違反容疑で県警伊勢佐木署巡査部長、戸高建吾容疑者(46)=横浜市中区大平町=を逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。見返りに金品を受け取っていなかったか調べる。同容疑者は暴力団事件の捜査を担当していたという。
 県警監察官室によると、戸高容疑者は今年3月10日ごろ、県警の照会センターなどから不正に得た氏名や住所などの個人情報を、横浜市中区の無登録貸金業者の70代男に漏えいした疑い。
 県警が6月、風営法違反(無許可営業)容疑でこの男を逮捕し、携帯電話を分析。戸高容疑者とのメールのやりとりから、男が金を貸す相手に関する個人情報が県警から漏えいしていることが発覚した。
 男とは3~4年前、別の事件で参考人として聴取したことで知り合い、1~2年前から連絡を取り合うようになったという。
 花家憲也監察官室長の話 警察の信頼を著しく損ねる行為で誠に遺憾。今後の捜査結果を踏まえ、厳正に対処する。

 

引用先 JIJI.COM http://www.jiji.com/jc/article?k=2016100300828&g=soc

本来警察が持っている情報というのは厳正に管理されておくべきものであり、当然個人の判断で漏らして良いものではありません。

今回逮捕された巡査部長は、巡査部長という立場であったにも関わらず、警察として非常に基本的なことを理解することができていなかったと言えます。

闇金に渡った情報というのは、実に多岐に渡って犯罪等に利用されるリスクがあります。一度渡った情報を回収することはほとんど不可能であり、誰がどのように漏れていったのかも把握が難しくなります。

このようなことをしてしまった罪は重く、当然警察としての責任も問われていくことになります。どのような理由があったとしても許されることではないでしょう。

警察の不正は、社会の闇を膨れ上がらせる

警察の不正というのは、単なる不正に終わりません。不正を働くという場合多くが、反社会的行為をしている組織にとってとても有利な状況になっていることが多いです。

つまり警察が信頼を失うというだけにとどまらず、社会の闇をより大きくしてしまう傾向が強くなるということです。犯罪に手を出している警察官は軽い気持ちで行なっているのかもしれませんが、その被害に合うのは、全く関係のない一般市民です。それゆえに警察の不正というのは非常に大きな罪になると考えられます。

また警察官が闇金に情報を渡しているようなことがあれば、絶対に闇金を撲滅していくことはできないでしょう。警察官の体制のあり方というのは、しっかり見直していく必要があるでしょう。日本特有の古い悪習が色濃く残っていると考えることもできます。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)