年末に増える「特殊詐欺に対して大きな注意」が必要!良い年越しができるように

年末というのは非常に忙しい時期であると同時に、多くの事柄を整理していく時期でもあります。

このような時期をあえて狙って、年末に特殊詐欺を仕掛けてくる人間というのも確実にいることになります。年末に向けて特殊詐欺が起こる可能性は例年高く、今年も十分大きな注意が必要ということは間違いないでしょう。

 

年末増える特殊詐欺 長崎県警、ポスターなどで注意喚起

年末に増える傾向にある「オレオレ詐欺」や「架空請求」など特殊詐欺犯罪。昨年11、12月の2カ月間の被害は、年間の認知件数の4分の1に上った。長崎県警は1日から金融機関やコンビニへの立ち寄り警戒を強化するなどして、県民に注意を呼び掛けている。

 生活安全企画課によると、昨年の被害認知件数150件のうち、11月と12月にそれぞれ18件ずつ発生し、他の月に比べ被害が目立った。2014年末も同様の傾向。今年11月には、すでに13件の被害が確認されており、被害総額は約1185万円に上る。

 県警は本県出身の歌手、前川清さんを起用したポスターやチラシを県民に配布。「架空請求やオレオレ詐欺など、だます手口を問わず注意が必要。周囲の人と声を掛け合って、詐欺を未然に防いでほしい」としている。

 

引用先 YAHOOJAPANニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00010004-nagasaki-l42

詐欺を一人で防いでいくことが難しくなってきている今、詐欺を地域でしっかりと予防していくことがとても大切になってきています。

警察による呼びかけは当然大きな効果を持っていきますが、コンビニや金融機関に置いても、情報の周知というのは非常に重要になっていくことでしょう。

 

年末に騙されることがあると、年末という特性上、金融機関等と連絡を取れなくなったり、お店と連絡が取れない状況になるなど、発見や対策が遅れてしまうケースも考えられます。それゆえにしっかりと対策をして、おちついた年末を送っていけるように注意をしていく必要があります。

万が一騙されたということがあった場合には、楽観視せずすぐにしっかりと警察等に相談をしていくことが必要です。少しでも早い相談というのが早期解決に大きく影響をしていくはずです。

逆に年末だからといって、行動が遅くなってしまうようなことがあると、それによって被害が広がってしまうこともあります。(相談をするというのは自分の被害を早期解決することにも大きく影響していきますが、被害者を増やさないという大きな意味も持ってきます)それゆえに自分が「良い」からといって相談をしないというのはあまりおすすめできません。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)