ギャンブル依存症・主婦・加山さん「闇金ウシジマくん」にみる

「闇金ウシジマくん」の中で闇金に溺れる人の実態を紹介しています。
(こんな人が闇金に手を出す)

家族構成
・妻(本人・ギャンブル依存症)
・夫(離婚協議中・慰謝料問題)
・息子

一般的に消費者金融などでお金を借りると自宅に明細書が郵送されます。返済が滞ると督促状が届き、返済を促す電話が携帯や自宅、勤め人なら会社に入ることがほとんどでしょう。しかし、お金を借りたことを家族に秘密にしておきたい人も中にはいらっしゃいます。加山さんもそのひとり。

離婚協議中の旦那さんに「ギャンブルで借金をつくった」なんてことを知られてしまうと、慰謝料を減額され子供の親権まで奪われる可能性があります。

そこで、加山さんが利用したのが闇金融。闇金は利用明細の郵送なんてことはしません。返済さえきちんと行っていれば返済を催促する連絡もしません。つまり、誰にもバレずにお金を借りることができるのです。闇金を利用する人の中には、誰にも知られないことをメリットとし、闇金からお金を借りる人も多いといわれています。

なかなか抜け出せないギャンブル依存

依存とまではいかないまでも、ギャンブルを嗜んだことのある人なら心当たりがあるのではないでしょうか?「あと1万入れれば出る気がする…」「もうちょっと踏ん張れば当たるかもしれない…」「ここで諦めたら丸損だ…」。

確かに、その台に多額の投資をした手前、「でるような気がする」のに止めたくはないですよね?諦めたすぐ後に他の人が大当たりを出したら悔やんでも悔やみきれませんよね?でも、打ち続けたらといってそうそう出ないのがギャンブルです。

ギャンブル依存症に陥ってしまった主婦・加山さんも、「いつか出る当たり」に取り憑かれてしまったタイプの方です。

ギャンブル中毒への金利は1日3割(ヒサン)

闇金は人を見て金利を決めます。お金をきちんと回収できる人には多く貸し、回収に手こずりそうな人には少額しか貸さない。これが闇金のルールです。

では、ギャンブル依存症の加山さんは闇金(闇金ウシジマくんに登場する闇金:カウカウファイナンス)でいくら借りることができたのでしょうか。

パチンコ屋の開店前に軍資金を借りにきた加山さん。加山さんがカウカウファイナンスから受け取ったお金は3万円。しかし、借用者には5万円貸付の記載が。これはどういうことなのでしょう?

加山さんが利用している闇金・カウカウファイナンスは、ギャンブル依存症の主婦に対して1日3割の金利を設定しています。つまり、1日で1万5千円の金利がつくということ。そこに、手数料の5千円も加算される仕組みになっています。

◆金利・1日3割(例:50,000×0.3=15,000)

要するに、借金の額は5万円だけれども、あらかじめ金利と手数料を差し引いた3万円しか手にすることができないというわけです。(※これはあくまで、闇金ウシジマくんに登場する闇金カウカウファイナンスの例)

闇金で借りた5万をチャラにするためには(借金の全額返済)

闇金業者から受け取った金額は3万でも、実際の借金は5万円です。金利はすでに支払ってあるので、本日中に元金の5万円を返済しなければなりません。今日、支払えない場合は明日の金利分1万5千円払わなければならなくなります(カウカウファイナンスの場合)。1日3割の金利でお金を借るということはそういうことです。

闇金側としては2回、金利分を回収すれば3万円になり、実際に貸したは回収できるので痛手はゼロ。しかし、債務者はどんなに金利分を払おうとも、元のお金を返済することができなければ借金スパイラルから逃れることはできません。

では、元金も返せず、金利分も支払えないとなった場合、どうしたらいいのでしょうか?

  • パターン1:金利が増えても返済を待ってもらう
  • パターン2:何がなんでもお金をつくる

ギャンブル依存症主婦・加山さんが選んだのは「パターン2:何がなんでもお金をつくる」でした。

パチンコ屋にいる男性に声をかけ、個人的に性サービスを行いわずかな金銭を得る。それを何度も繰り返して、借金の返済に充てたのです。赤の他人に性サービスを行うことはどれだけの苦痛を伴うのでしょうか…。それも、ギャンブルでつくった借金を返すために…。しかし、加山さんはそれよりも離婚協議中の旦那さんにバレることだけは避けたかったのです。きちんと慰謝料を得るために、子供のために。加山さんにとってはこれが最善策だと思えたのでしょう。

こうして闇金への借金を返済した加山さん。借金の原因をつくったギャンブルを心の底から後悔し、やめることを誓った彼女ですが、本当にやめることができたのでしょうか…。

答えは、残念ながら否…。

ギャンブル依存症はそう簡単に抜け出せるものではありません。

軍資金を簡単に用意してくれる闇金がある。当たりが出れば働かなくても大金が手に入る。一時的にどんなに嫌な思いをしても当たりがでれば帳消しになる。打っている間は嫌なことなんて忘れられる…。一度、心から満足できた記憶を消すことはなかなかできるものではありません。

「日常の些細な喜びもギャンブルで当てた時の喜びには劣る」この感情を払拭できない限り、加山さんの闇金→パチンコ→性サービス(個人)→闇金のスパイラルは永遠に続くことでしょう。

主婦は闇金の餌食になりやすい

個人で自由に使えるお金を持っていない主婦ですが、資産がまったくないわけではありません。「仕事をしている夫」これが主婦の資産です。仕事をしている夫がいれば、他の消費者金融からお金を借りることもできます。

家計の管理を妻に任せっきりにしている夫は「今現状、ウチの資産状況がどうなっているのか」をきちんと把握していることが少なく、ましてや、妻がギャンブルに溺れて闇金に手を出しているなんて、露程も思っていないはず。「旦那にはバレたくない…」そういった妻の心理を巧みに利用するのが闇金のやり口なのです。

夫の知らぬ間に、妻が多額の借金をしていた…なんてことは、決して少ないケースではありません。

The following two tabs change content below.
金沢優

金沢優

「もしも」の時に役立つ情報を発信中!自分の身を守るためにも必要な情報をきちんと仕入れましょう。「知らない」は「損」に繋がります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)