通話内容の録音は警察への相談の大きな一歩!あるとないとでは大違い

闇金対策でできれば用意しておきたいのがICレコーダーです。

 

ICレコーダーは安いものだと数千円(5千円以下)で購入ができます。スマホや携帯等の録音機能でも良いのですが、できればしっかりとしたものを一台用意しておくことをオススメします。

闇金との会話を全て、このICレコーダーに録音しておいてください。

これは強烈な証拠となります。

 

例えば、何も証拠がない状況で、警察に相談をするとします。昨今では警察も闇金対策をしっかりしているので、真摯に相談に乗ってくれると思いますが、何も証拠がないと警察も動きたくても動けない状況になりがちです。警察のほうで闇金のほうに連絡をしてくれることもありますが、相手が警察であると闇金のほうはとても真摯に対応して本性を隠してしまうことが多々あります。

※ここで闇金が真摯な対応(真摯に見せかけるふり)をされてしまうと、警察としてもそれ以上踏み込めない・・・のが現状です。

しかし、ICレコーダー等で、録音を証拠として持っておくと、それを元に警察は具体的に動いてくれたり、闇金の表面的な対応関係なく、闇金に対して強く出れることが多いです。ICレコーダーという証拠、録音という証拠は、闇金を摘発したいという警察の背中を押す存在にもなります。

証拠も残せて具体的な行動を促進できる録音は対策として「しておかない」のはもったいないです。

闇金の被害にあっている人、一人一人が録音によって証拠を残すことができれば、表面化していない闇金を発見するのにも役立っていくでしょう・・・(現実的にこのようなことは難しいかもしれませんが・・・)

警察に相談をする時は具体的に・・・

警察に相談する時に、証拠を持っていると実際の脅迫状況や嫌がらせ状況を警察に理解してもらえます。
これが実はすごく重要なことなのです。

というのも警察に相談する時によくしてしまいがちなミスとして「取立てがひどい」と相談をしてしまうことです。

この相談の仕方をしてしまうと、警察としては相手が闇金なのか、違法な取立てをしているのか、脅迫をしているのかがいまいちわかりません。
しっかりと話を聞いてくれる人だと良いのですが、話を聞いてくれない人であると、「お金を返済して」という解決につながらない返答になりがちです。

※脅迫罪等の刑罰の対象になる可能性があることを強調、犯罪にあっていることを強調して相談することがとても大切なのですが、一般の人がそれを意識して説明しようとしてもなかなか上手くいきません。自分がどんな状態なのか、取立てがどんな状況なのかを細かく説明していく必要があるのです。

しっかり説明すれば良いじゃないか・・・と思う人もいるかもしれません。

しかし追い込まれて警察に相談する人が、冷静に全てを説明するのはなかなか大変です。

この時に何も説明しなくても録音(証拠)があれば、聞いてもらうだけで警察としては状況を理解してくれます。追い込まれている人ほど録音、ICレコーダーは大切です。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)