借金の審査は厳しくて当然という流れを作っていっても良いのでは・・・

最近借金の審査は緩くて当然というような流れがありますが、これは非常に大きな間違いです。

 

借金というのは「本気で返済できる人」にしか与えることができない特権であると言えるでしょう。これを気軽なものにしてしまえは返済できない人が増えて当然となります。

自動車のローンや、住宅のローン等は、借金の審査の中でも厳しいグループに入るでしょう。それは当然であり、どちらも生活に大きく影響を与えていくお金であり、同時に生活を充実させるのに必要な物です。それゆえに、しっかりと返済をしていこうと考えている人が多く、そのような人に対しては厳しい審査であってもあまり問題はないからです。当然、甘い考えで審査を通ることはできず、十分な収入がなければ審査に通ることはできません。

 

本来審査はこのような形が当然であると言え、レジャー用等にお金を貸すというのは、どこかおかしい流れであると考えられます。レジャーは言ってしまえば生きていく上で絶対に必要なお金ではありません。そのようなお金を借金していくというのはどうしてもお金に対して考えが甘くなるきっかけを作ってしまっているようにも感じます。

 

本当に必要なお金だけを借りるというのは実は難しいこと

本当に必要なお金は借金で対応する必要があります。(住宅ローンなど)しかし、本当に必要なのかということをきみわめることはなかなか難しいです。車や住宅など一括で支払うことが難しいものはローン等を組む、借金をする価値はあるでしょう。

また医療費等についても借金(公的制度を利用したものなど)をする価値はあるでしょう。しかし「借金をしても良いや」という考えを持っている場合には、どのようなケースであっても「本当に必要なお金」「借金」であるとは考えづらくなってしまいます。はじめから借金に頼っている段階で、お金の使い方に対してしっかりと考えていないと言えるでしょう。

借金をしても良いかどうかというのは、長い「考察」時間が必要になるはずです。住宅ローンをしようと思っても、その日のうちに即決してしまう人はおそらくいないでしょう。

気軽に借金の申し込みができるということは、かなりのデメリットであり、考える時間を排除してしまっていると思っていてください。

本当に必要かどうか・・・考えることこそが審査の役割でもあり、厳しい審査は甘い考えを切り捨ててくれるある意味で借金に頼らせないシステムと言えるのではないでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

闇金は社会において暗躍しています。そんな闇金から自分の身を守っていくためには闇金を知る必要があります。闇金はまだまだ数多く存在し、社会的な脅威になり続けるといわれています。知識を身につけ自己防衛していくことが今現在ではより大切になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)